倉橋ルイ子さんについて
HOMEやまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日
  

1981年4月、「ガラスのイエスタディ」でデビュー。「夜のヒットスタジオ」で聴いて気に入り、
それ以来ファンを続けています。
「マニアしか知らない」バラードシンガー倉橋ルイ子さん、ヒット曲も無ければ、
売れた時期もない歌手ですがずっと聴いています。
99年から南青山マンダラで年に2,3回ライブをしています。ライブには07年4月6日と08年12月9日、
09年4月23日(二次会参加&泊まり)、09年12月11日(二次会参加&泊まり)、10年9月2日にライブがあり
参加しました。(^o^)丿

14年12月9日、Blues Alley Japan (ブルース アレイ ジャパン
体調が戻らず欠席。(-_-;)

14年6月24日、南青山マンダラライブ
退院直後のため欠席。(-_-;)

13年12月9日(月)、南青山マンダラライブ

腰・股関節の具合が悪いので参加を断念する。(-_-;)

13年3月26日(火)、南青山マンダラ・ライブ

整理番号「10」をゲットしていましたが、親の具合が悪かったので参加は断念しました。(T_T)

 12年3月29日(木)、南青山マンダラ・ライブ(8回目)

17時40分、マンダラへ向かう。すでに7,8人来ていた。



そのうちに知っている顔が集まり、それぞれ挨拶。shinsakuさんが来たので挨拶&少し野球談議。(^_^)/

55分、係りが「マンダラとぴあのチケットを持っている人はそれぞれ並んで下さい」と2列に並ばせる。
何で?18時、係「1番の人」、「2番の人」と呼び、番号順に入っていく。今までと同じじゃん。

「3番の人〜」と呼ばれたのでやまちんも入っていく。
「ホットコーヒー」と言って地下に行き、コーヒーを貰い席に着く。



西海さんの近くに座りたいが、「関係者席」と紙があったので左から3番目の席に着く。
後で気が付いたが、「関係者席」というのはやまちんの右二つだったようだ。(^_^;)



一段下のフロアで他の人と雑談をしたかったが、こっちのほうがゆったり座れるからこっちがいい。(^_^)/
アンケート用紙があったのでリクエスト曲は「同じ景色を見つめた日」、「海の見える窓から」、
「軌跡」、「オンナ・ロック」、「愛、そしてあなた」、「雲の遥か」、しつこく「井の頭線」を書く。(^_^)/

19時、まだ始まらない。恵美さんが階段下で雑談している。(^_^;)10分、まだ始まらない。
13分、ようやくライブが始まる。しかしプロなんだからちゃんと時間通りに始めて貰いたいものです。
帰りの時間もあることだし、、。(^_^;)

<< 倉橋ルイ子 31番目の季節 〜Rolling on〜 >>

@瑠璃色の地球 AガラスのYESTERDAY Bトライ・トゥ・リメンバー

「皆さん、今晩は倉橋ルイ子です。今日は雨かな、雪かな、と思いましたがいい天気になりましたね」、
「お客さんの中には長期の天気予報を立てている人もいるようですよ」

「先日、10数年通っている美容院に行きました。するとそこの女の子が
『倉橋さんはっずっとショートですか?』と聞かれました」、
「私は中学の頃にロングにしたことたがあるんです。
それは映画『ロミオとジュリエット』のオリビア・ハッセイに憧れてロングにしたことがありました」。
会場はちょっと引いた雰囲気。(^_^;)

「それを女の子に言ったら『ん?』の反応でした。
続いて「身近な歌手の布施さんとねえ、、」と言ったらこれも『ん?」の反応。
『薔薇より美しいオリビアを知らないのか〜』。ジェネレーション・ギャップを感じました〜」、
「でも今夜は安心出来ます」と。(^_^)/

CVanity Fair D雨上がりの動物園 ELong Good-bye

「1999年にアルバム『My name is Ballad』を発売しました。
ある時、学者の森戸祐幸さんと出会い「小さなしずく」という詩を頂きました。
昨年来、震災や豪雨などの災害が身の回りの起きましたが、こんな時にこの歌が必要なんだな、と思いました」

F小さなしずく G夢先案内人 H道化師のソネット

「山口百恵さんの曲とさだまさしさんの曲を歌わせて頂きました」、「さて次の曲譜は?」とあちこち探し出す。
それを見たスタッフが曲譜を渡す。

「最近、韓国のチェジュ島へ行ってきました。昔は男性がゴルフをするため多く訪れていたようですが、
最近は女性が多いらしいです。今回は独学で日本語を勉強した女性ガイドさんが付いてくれました。
でも面白い話がありまして、、。『日本人はイルカで出汁を取るようですね」と言いました。
それは「いりこ」だろうよ。」。また『日本人はタヌキやキツネを食べるそうですね』と言いました。
「それはうどん、そば」だろうよ」と。(^_^)/「もう、ちょっとだねえ」と。(^_^)/

「最近、歌っていないので『春の枯葉』、デビューアルバム『With Sugar』に収録されていた
『朝日の沈む時』を」。

I春の枯葉 J朝日に沈む時

「シャンソンもリクエストを頂いたので、『愛の賛歌』を歌いますが難しい〜。
でも倉橋ルイ子の『愛の賛歌』ということで、、」

K愛の賛歌 L心のままに

「次の曲は息子を亡くした父親の気持ちを歌った曲です」

MTears in Heaven

「今回の震災で子供を失くした多くの親がいます。そんな気持ちを代弁したような歌ですね」

Nラストシーンに愛をこめて O哀しみのバラード PNever Fall In Love 
QTHE BEST IN MY LIFE〜人生の贈りもの〜


アンコール。バンド紹介。5月14日(月)、札幌でライブ開催を告知。

R星に願いを SHOME

21時15分ごろ、ライブが終了。
2月29日に行われた原田芳雄さんの追悼ライブの様子が知りたかったなあ。ま、いいか。(^_^;)


 11年11月9日(水)、南青山マンダラ・ライブ(7回目)


18時、順番に並ぶ。やまちんは13番だが券がダブっているので20人目くらいかな。
後ろに並んだ女性が気がせいているのか、前に行きたがっている。受付で「ホットコーヒー」と言い、地下に降りる。
先ほどの女性が飲み物を取らずに、席に着こうとしたので係りから「先に飲み物を受け取って下さい」と注意される。
何をそんなに焦っているんだろう。座れるのに。
やまちん、女性が着こうとした席に着く。ちょっと意地悪をする。(^_^;)

Img_7294

今回も前回と同じようにカウンターに近い席に座る。ここは足が伸ばせていいのだ。(^_^)/

Img_7291

こんな景色です。今回もギター担当の西海さんの近くです。(^_^)/

アンケート用紙があったのでリクエストで「井の頭線」、「同じ景色を見つめた日」、「雲の遥か」を書く。
「井の頭線」だとバイオリンが必要だな。「雲の遥か」は西海さんがギターで伴奏をしている。
左隣の人の用紙を見たら静岡市から来ているようだ

20分、同じスワローズファンのshinsakuさんが来たので「お疲れ様でした」、「残念でした」とお互い慰め合う。
30分、マンダラコイルさんが着物姿の男性を連れてきた。群馬から初参加という。吉岡からの参加とか。
お互い「よろしくお願いいたします」と挨拶。
19時、やまちんの後ろに椅子席が10席くらい出来た。若い女の子も参加していました。次回も来てね。(^_^)/

19時10分、倉橋ルイ子 LIVE <あなたがいたから 〜Thank You Foreve〜>ライブが始まる。
ピアノ:藤川典子、ベース:恵美直也、ギター:西海孝、ドラム:根本久子

潮風のソネット Desember24

「今日はクリスマスっぽい歌も歌いますね。さて、お知らせがあります。
今回は動画でこのライブが全世界に発信されています。皆さんもそのつもりでね」。(^_^)/
「震災時は皆さん、何処にいましたか?」、「私は20階の自宅にいたのですが、免震構造って案外揺れるんですね」

ルイのララバイ 私の神様 再会キャンドル

「最近体力が落ちたと思っています。この歌『再会キャンドル』も挑戦の意味も込めて歌いました」

「犬を飼っているんですけど、散歩させていると『似ていますね』とよく言われます」。
「ある時、ミニモンキーを飼っているいる女性を見かけたので、『よく似ていますね』と言ったら怒られました」(^_^;)と。

罪な雨 美しい人

「昔からライブ前にはジンマシンなどが出来て困っていました。今回もライブ前に具合が悪くなったので
医者に行きました。でも色々調べてもらったら「全然健康ですね」と言われました」(^_^)/ 

星に願いを 千登勢橋 いつかHappiness

過日亡くなった原田芳雄さんについて話した。
「19年前、原田さんのバンドでベースを担当していた夫と結婚を機に親しくさせていただきました。
原田さんは仕事をした人とは『家族』だと思いがあり、長くお付き合いをさせて頂きました。
映画の試写会に招待され行きました。病気の事は噂で聴いていましたが、会場でお姿を見た時はショックを受けました」

「山崎ハコさんの仲人を原田さんが務めた関係で、ハコさんと親しくさせて頂いています。
原田さんが亡くなった時、メールをやりとりしました」と原田さんの

横浜ホンキートンク・ブルースを歌唱

歌い終わったら恵美さんの代わりに、ご主人さんがベースを演奏していました。(^_^)/ 

「前回のライブでリクエストが多かったです」と

アモール〜行かないで〜

ここでメンバー紹介。「21年前からのお付き合いです」と西海孝さん。
「前回からドラムで参加してもらっています」と根本久子さん。
「震災時、レインボーブリッジの上にいて、フラフープ状態だった」と恵美直也さんを紹介。
「『皆さん、さようなら』の気分でした」と恵美さん。
「30年の付き合いです。息子さんかパーカッションの全国大会で優勝しました」と藤川典子さんを紹介。

ガラスのYesterday Never Fall In Love  海岸電車 ラストシーンに愛をこめて 

Thank You Forever 

アンコールで

見上げてごらん夜の星を  ロンリー・クリスマス?

21時20分ごろライブが終了。「いつかHappiness」が聴けて満足です。(^_^)/
今回も懇親会は欠席。(^_^;)親がしっかりしていれば出るのだが、、。


 11年2月21日(月)、南青山マンダラ・ライブ(6回目)

17時40分、マンダラ行く。すでに5,6人が来ていました。

その内にもと山はじめ58さん、マッコールさん、shinsakuさん夫婦、チョコフレークさんが来て歓談。

「あの〜、やまちんさんですか?」と聞いて来た男性がいた。やまちん「『名古屋のおじい』さんですね」と。
「はい、そうです」。やまちん「今日は泊まりですよね」、「いいえ、飛行機で帰ります」。凄いです。(^o^)/
他にマンダラコイルのアメブロの紹介で来た方が3人いました。(^o^)/

17時42分、「皆さん、こんにちは〜」と声をかけて来た女性がいた。ルイ子さんでした。(^o^)/
その内にマンダラコイルさんが合流。50分、髪の長い女性が後ろを歩いた。
前回のライブでコーラスを担当した山内さんに似ていたが、、、。^_^;

同じヤクルトファンのshinsakuさんと野球談義。やまちん「開幕戦の先発は誰になりますかねえ?」、
shinsakuさん「石川でしょう」。やまちん「村中、由則はどうですか?」、shinsakuさん「第三戦かな」と。

18時、順番に並ぶ。やまちんの整理番号は7番だが、ぴあと店売りが重複しているので10人目くらいに並ぶ。
8分、やっと中に入りホットコーヒーを貰い席に着く。



アンケート用紙があったので次回聞きたい曲で、「オンナロック」、「雨上がりの動物園」、「ジュテーム」、
「愛を知る時」、「六本木ララバイ」、「いつかハピネス」、「今日より永遠に」。
カバー曲であさみちゆきさんの「井の頭線」を書く。どうしても聴きたい。(^o^)/

ステージはこんな風に見えます。割といい席です。次回も座ろう。(^o^)/

今回はドラムが入るとのこと。どんな風になるのか楽しみです。

セットリストを見たらリクエストしていた「軌跡」、「Love Letter」が入っていました。(^o^)/
一つ隣になったもと山はじめ58さんと歓談。隣の人は何回も来ているとか。
左隣のテーブル席にピアニストの藤川さんの息子さん?が座ったようだ。

19時8分、ライブが始まる。ピアノ藤川典子さん、ギター西海孝さん、ベース恵美直也さん、ドラム根元久子さん。
そしてルイ子さんが登場。

〜あなたと歩いた季節に愛をこめて Thanks 30〜

黄色いバラ」、「Helllo Again

「今回は久しぶりに歌う曲が半分くらいあるので、少し緊張して吐き気がしています」(^o^)/
「先週の月曜日は雪が降って、来週は雪が降りませんようにと祈っていました」と。

ガラスのYesterday

「店員さんから『ステージ・ドリンクは何にしますか?』と聞かれたので、お水を頼んだんですね。
そうしたら『氷はいくつ入れますか?』と聞かれハッとしました。あまり考えていなかったので、
『偶数で』とお願いしたら3個しか入っていませんでした。」、店員「ボケをしました」と。(^o^)/

「最近インフルエンザにかかりました。典ちゃん(ピアニスト)にメールをしたら
『若い人がかかるのにねえ』と返信が来ました」と。(^o^)/

Love Letter」、「ウインディ

「先月11回目の韓国旅行をしました。
ホテルを出て町を歩いていたら「焼肉ライブ」のチラシを貰ったのね。『じゃあ、行ってみるか』と行ってみたら、
来ることを予想していたのか多勢のスタッフで歓迎されました。

席に座ったら目の前がステージ。
肉が運ばれて煙を出して肉を焼いていたら、すぐにライブが始まってしまいました。
他のお客さんたちはそのまま焼いて食べていましたが、シンガー『倉橋ルイ子』としては
「食えねえ〜、焼けねえ〜」と思い食べるのを我慢していました。

係りの人が来て「どうぞ、どうぞ」と言ってましたが、やはりシンガー『倉橋ルイ子』」としては
「やっぱり食えねえ〜、焼けねえ〜」と思い我慢して、ライブの合間に食べることが出来ました。」と。

「さて9枚目のアルバムで初めてカバー曲を歌いました。来生たかおさんの曲です。
アルバム「サンクス」から3曲聴いて下さい」

夢の途中」、「長雨」、「おだやかな構図

そしてBGMで風雪の音が流れ

幾春別の詩

凄い迫力の「幾春別の詩」。ドラムの音が空きっ腹に響きました。^_^;

「次に歌う歌は21年ぶりくらいに歌う歌です。その頃自然とか環境とかに興味を持ち始めました。
ベンジャミン・○○○さんの話に感動しました。今から思えば少し早かったかなと思いましたね」

壊れかけた ゆりかご

90歳から詩作を始めた柴田トヨさんの詩を朗読。「毎日この歌を聞くと元気になりますね」と。

ありがとう」(いきものがかりカバー)

「次の歌も久しぶりに歌います。どう?」。客席から「否」の反応。「そうかしら。でも「哀鍵」は久々だと思うけど、、」

軌跡」、「哀鍵」。ルイ子さんがバラードを歌うきっかけとなった曲「別れの朝」を。

「業務連絡、業務連絡。すみません」とルイ子さんがバンドに謝罪。「哀鍵」でトチったようだ。^_^;

「前回歌った『アモール〜行かないで〜』。私が知らない間に中国で話題になり、上海体育館で歌いました」

アモール〜行かないで〜」、「悲しみのバラード」、「Rose

ラストは「The Best In My Life〜人生の贈りもの〜

アンコール。バンドの紹介。「西海さんは『幾春別の詩』を自分のライブで弾いたりしてくれています」。
「根本さんは性格がいい、腕がいい、お酒が強い」(^o^)/。
「恵美さんは10年迷って圧力釜を買いました」。
「藤川さんはビールが好きで他のお酒を飲んだことを見たことがありません。
『ビールを飲んでビタミンAを摂り、ビタミンBも摂り、そしてCを出す』と言ってました」。会場、爆笑。

お土産のプレゼント。今回もお酒はワイン、紋別から来た人からはホタテの貝柱が。(^o^)/

星に願いを」、「ラストシーンに愛をこめて

21時16分、ライブが終了。今回もルイ子さんよりもドラムの根本さんを見ていました。^_^;


  10年9月2日(木)、南青山マンダラライブ(5回目)

19時5分、ライブが始まる。タイトルは「会いたい〜ありがとうが言いたくて〜」。
今回の席です。


今回もピアノ藤川さん、ベース恵美さん。ギターは初参加の丸山ももたろうさん、コーラスは山内まりさん。
ロングヘアーがナイスです。(^o^)/

Moon River」、「星に願い」でライブがスタート。

ルイ子さん「今回のタイトルは「ありがとう」が主題です。何処かのテレビ局が主題としていましたが、
私の方が先ですね」と。

その後、「九月の窓」、「風の恋人」、「雨だれ」。「雨だれ」は懐かしい。(^o^)/

初めて来た方のためにデビューしたきっかけを話す。平尾昌晃歌謡学院に行っていて、
ある日「遠くへ行きたい」と「別れの朝」を歌った。
それを聞いたポリドールの松下さん(現在はあさみちゆきさんのプロデューサー)の目にとまった。
その後、「ラブ・イズ・オーバー」と言う歌があるので、レコーディングして各事務所にテープを送ったら、
田辺エージェンシーの人が気に入ってくれた。

その後、デビューするまでに一年がかかり(理由はオーヤン・フィフィ?)、歌は「ガラスのイエスタディ」
でデビューすることになった。その後、色々な歌に挑戦したがバラードがいいということで、
「追憶」などを練習することになった。

そんな訳で「追憶」、「別れの朝」を歌唱。

1992年、「中国の人から上海体育館で歌ってくれないか」と依頼があった。
ルイ子さん「なんであたしなの?」と思ったそうだ。理由は自主制作したアルバム(テープだが)、
収録曲の「アモーレ 行かないで」の原曲が中国でヒットしているらしい。
キャパを聞いたら気が遠くなったらしい。そのための合宿をバンドとしていたが、その仲介役の人がその様子を
何枚も写真を撮っていた。

仲介役の人から「歌の途中でグーは出さないで欲しい。暴動になるから。」、「チャイナドレスを着て欲しい」、
「テレサ・テンの歌を歌って欲しい」と提案された。

その後、現地に着いたら通訳なしで記者会見。雰囲気に合わせて適当に答えていたとか。
その後、体育館に着いたらブロマイドが売られていた。それは合宿中に撮った写真だったらしい。

ガス灯」、「アモール 行かないで」を歌唱。

「ルイ子と一緒に歌おうコーナー」。愛媛のYさん夫婦が毎回参加しているとのこと。
その奥さんからの手紙を読む。「夫がいつもルイ子さんの歌を歌っています。
今回は「ハンリーラ」を歌わせてあげたいのでよろしくお願いします」とのこと。

「この歌は欽ドコでのぞみ役をしていたとき、毎回挿入歌として歌っていました。
作詞は中野良子さん、補作詞が岩谷時子さん、作曲が堀内孝雄さんです。」

そんな訳でYさんがステージに上がり「ハンリーラ」を歌った。見事でした。
ルイ子さん「素人が〜、、、」と言ったら、恵美さんと丸山さんが爆笑。

その後、13年前に亡くなったお兄さんを偲んで作った「お兄ちゃんのバラード」、
龍馬が亡くなった翌年に作られたシャンソン「さくらんぼの実る頃」を歌唱。

そしてバラードの王道を。と「Love is Over」、「ガラスのイエスタディ」、「哀しみのバラード」、
ラストシーンに愛をこめて」を歌唱。

やまちんは昭和58年、「夜のヒットスタジオ」で「ガラスのイエスタディ」を聞いて
ルイ子さんのファンになりました。(^o^)/

ライブが終了。
そしてアンコールで再び登場してメンバーの紹介。丸山さん、山内さん、恵美さんを紹介していたが
時計は既に9時10分。下痢ではなかったが、体調がイマイチだったのでやまちんは残念ながら退出。
トイレを意識してあまり水分を摂っていなかったかな。アンコール曲は「ローズ」の予定。

今回はルイ子さんよりも、コーラスの山内まりさんを見ていました。^_^;

今回の席です。


 09年12月11日(金)、南青山マンダラライブ(4回目)

15分、マンダラに到着。マンダラの入り口付近にもう何人も来ていた。マンダラコイルさん、花まきさん、
もと山はじめ58さん、shinsakuさん、マッコールさん、そして名前も知らない人にも挨拶をする。

Img_2644 40分、やまちんは27番。ようやく20番台が呼ばれたので30番の花まきさんと中に入る。
階段を下っていたらチョコフレークさんが上がって来たので挨拶をする。会場のいい席は埋まっていた。
やまちんが前回座ろうとした席は関係者席とか。しかたない、他の空いている席へ行こう。
白ワインを貰い最初に座った席に近い席を取る。

今回はバイオリンの西川八重さんが真ん中の位置から右端の位置に移動していました。
ファンサービスとか。

Img_2641 ステージはこんな風に見えます。目印にパイプをくわえる。アンケート用紙があったので、
「井の頭線」、「愛そしてあなた」、「軌跡」、「いつかハピネス」を書く。
会場の熱気とホッカイロで、背中が暑くなったのでホッカイロを取る。火傷するわい。^_^;

トイレで一緒になった男性、「ルイ子さんは年に何度かライブをしているんですか?」、
やまちん「ええ、2,3回ですね」。男性「場所はここですか?」、やまちん「はい。ここマンダラだけです」と返答。
初めての方だな。

19時半、ライブが始まる。イントロが始まるがルイ子さんはステージに現れない。
何やらバーカウンターの方から歩いて来る、赤いチェックのジャケットを着たオバサンが見えた。
失礼、ルイ子さんでした。m(__)mその後、客席の通路で。

@愛を知るとき 

「前回のアンケートで『近くで見たい』というのがあったので今回やってみました」。ステージに上がって
「いつもこんな天気でゴメンなさい」と詫びる。前々回は大雨、その前だったか大雪で鉄道はマヒ。^_^;

Aロンリークリスマス

「今回は久し振りに歌う歌がけっこうあります」

BHellow Again C星に願いを

「ここで倉橋ルイ子が外国人に間違えられたコーナー」、「主人からパスモを渡されチャージに行きました。
でもチャージの仕方が判らず機械の前でオドオドしていたら、後ろの日本人の男性に『ダイジョウブデスカ?』と
言われました」、「どう反応したらいいか分からなかったので、そのまま外人のフリをしていました」
「最後にOK、サンキューと言いました」と。(^o^)丿

DHeart Break Highway Eシャドウダンサー

「主人と最近映画を見に行きました。『カールおじさんと空飛ぶ家』だったんですけど、終わりかけに主人が
号泣していました」、「映画を振り返ってそれを自分に当てはめたら自分も、、、」と言って、、、。
やまちんも見たら多分泣くでしょう。^_^;その後、映画「僕は君に恋をする」を見た感想を言う。これも涙声に。

F僕は君に恋をする(平井堅) GI Love You(尾崎豊)

「お世話になった人が作詞したシャンソンがあります」と

H昨日からの招待状(深江ゆか)

バンドの紹介。

「先日スケートの大会を見ていたら、客席に八重ちゃんに似た人を見つけたんです。後日確かめたら本人でした。
綺麗な人は目立ちますね」と、バイオリンの西川八重さんを紹介。確かに美人です。
ちゆきさんのバンド「春夏秋冬」のバイオリニストの濱田さんは、どっちかと言うとポッチャリ系。^_^;

山崎ハコさんのご主人であり、数々のレコーディングやバックバンドの演奏をしているギターの安田裕美さんを紹介。
「頼み込んで来てもらいました」

最近ジョギングを始めたというベースの恵美直也さん。理由は美味しく食事をするためとか。

最近ルイ子さんの遠視をバカにしているピアノの藤川典子さん。でも自分は糸通しが出来なくて
糸通し用の針にも糸が通せなくなったとか。(^o^)丿

「これからはバラードの王道を」と

IガラスのYesterday JNever fall in love Kラストシーンに愛を込めて LRose

M哀しみのバラード N悲恋歌 OWalk Away

アンコールで

PTHE BEST IN MY LIFE QHOME(倉橋ルイ子作詞)

21時33分、ライブ終了。


 09年4月23日 南青山マンダラライブ(3回目)

「永久の愛」、「RAIN LOVE RAIN」を歌唱。

タイトル「みちのみちのみち」意味について披露。28周年を迎えた話などを話す。「今夜もいっぱいバラードを用意しました」と

「雨上がりの動物園」、「雨の物語」(イルカ)、「罪な雨」を歌唱。

「雨の歌が続いちゃいました」、「前回49歳の誕生日にライブを開いてもらい、バースデイケーキを頂き、
全員でハッピバースデイを歌ってくれました」、「30台はアラサー、40台はアラフォー、50台はアラフィフでは
ゴロが悪い。というので60台と一緒にアラ還というらしいのですが、皆さんはどう思います?」

「海岸電車」、「風の恋人」を歌唱。

「百万本のバラ」について、実際にあったという説明をする。確か3ヶ月くらい前に朝日新聞「be」の
「歌の旅人」で紹介されていたな。

「百万本のバラ」(加藤登紀子)を歌唱。

「百万本のバラは大変よ」と百万本のバラをお金などに換算する。1本160円だと1600万円、重さだと8約トン、
東京駅から仙台までの長さとか。「それだったらお金の方がいいわ、と典ちゃんが言ってました」
と笑いを誘う。それでは「懐かしい歌を聞いて下さい」と

「季節の中に埋もれて」(大塚博堂)、「思い出まくら」(小坂恭子)を歌唱。

西海さんと二人だけで全国ツアーをした話をする。ファンの人の車の乗って移動したことがあったとか。
真冬の名寄の居酒屋の前の凍りついた道路で、サケの産卵の真似をした話など。

「満月の夜」を歌唱。

デビュー当時の話をする。インタビューなどにバラードについて説明をしたとか。
「バラードシンガー倉橋ルイ子」と説明しバラードを普及しました。と。

「ガラスのイエスタディ」、「哀しみのバラード」、「悲恋歌」を歌唱。

先月、平尾昌晃音楽スクールの発表会があり参加し、研修生たちの歌を聴いていたら、デビュー当時を
思い出したとのこと。「遠くへ行きたい」を歌って松下さんの目に止まった。デビュー曲となる
「ラブ・イズ・オーバー」をレコーディングしたが断念、「もうデビューが出来ないのかな」と思っていたら、
「ガラスのイエスタディ」を貰ってデビューが出来た。と。

「ラストシーンに愛をこめて」、「Amezing Grace」、「Rose」を歌唱。

アンコール。客からお土産、おつまみや宮崎地鶏があったので「もらったど〜」と。その後、メンバーの紹介。
ベースの恵美さん。ギターの西海さんは崎陽軒のシュウマイに凝っているとのこと。ピアノの藤川さん、
名古屋で一ヶ月公演をして、名古屋の美味しいものを食べて4キロも太ったとのこと。
ライブのリハ打ち上げの後、二時間で見た夢をルイ子さんが披露。ストリッパーになった夢だったとので
会場は大爆笑。

「The Best In My Life」、「星に願いを」

 08年12月9日、南青山マンダラライブ(2回目)

19時37分、ライブは始まった。
「Rose」、「ガラスのYesterdey」を歌唱。

その後「雨上がりの動物園」「風に書いた手紙」、やまちんの大好きな「海の見える窓から」を歌唱。
ルイ子さん、ライブで歌う順番を迷ったという。

その後、宇崎竜童さんが作曲した
「幾春別の詩」、「彼岸花より紅く」、手拍子で「おんな同士」を歌唱。
「おんな同士」だったら「オンナロック」がいい。(^o^)丿

その後、シャンソンを歌い出したといい「再開、「バラ色の人生」、「美しい人」を歌唱。
「美しい人」では歌詞を忘れてしまったようだ。その後、東京音楽祭で歌った「哀しみのバラード」を歌唱、
引き続き「悲恋歌」、名曲「ラストーシーンに愛をこめて」を歌唱。
イントロは羽田健太郎さんバージョンで聞きたかった。時間が早いな。まだ9時少し過ぎたばかりだぞ。

2月のマンダラライブ以後、知人の言葉に傷き、歌うことさえ嫌だったとか。でも周りの人の励ましや、
ネットで自分の情報を人から聞いて立ち直ったとか。その後、やまちんの好きな
「THE BEST IN MY LIFE〜人生の贈り物〜」
を歌唱。
やまちんからルイ子さんへ、八代亜紀さんの「愛を信じたい」を贈りたい。

♪人生は 捨てたものじゃない あなたに 教えられた♪

いい歌です。歌番組で八代さんもこの歌を歌いながら励まされていると言っていた。
ちゆきさんもこの歌で歌謡曲で生きていこうと決めた曲だったとか。

ラストは「星に願いを」を歌って舞台を去る。今回はどの歌か忘れたが、声がひっくり返って所があった。
アンケート用紙に「井の頭線」(ちゆきさん)、「愛そしてあなた」(ルイ子さん)をリクエスト曲として書いた。


07年4月6日、南青山マンダラライブ(1回目)

@Try to Remember 、A春の枯葉 〜Bye Bye My Love〜 、B海の見える窓から C雨上がりの動物園 、
D踊るようにさよならを 、Eタクシーは来ない 、F見えない星GNever  Fall In Love 、H哀しみのバラード
I悲恋歌 、J彼岸花より紅く K私の宝島 、L生きてりゃいいさ、MガラスのYesterday
Nラストシーンに愛をこめて
(アンコール)
O.Rose 、P星に願いを