やまちんの一人旅の宿6

大沢館の囲炉裏です。

HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳
プログ・やまちんのキレそでキレない365日


07年6月 川中温泉・かど半旅館

6月15日、「日本三大・美人の湯」で有名な東吾妻町の川中温泉・かど半旅館さんに行って来ました。

10時10分、自宅を出発。いつも通り前橋長瀞線を北へ向い、途中から関越の側道を走る
県道135号線を左折して井野駅の南に出る。17号の小八木の交差点を直進し高崎渋川バイパスを走る。
10時40分、新しく出来た「食の駅」を通り過ぎる。49分、イオン高崎SCを通り過ぎ、
53分、「群馬温泉やすらぎの湯」の前を過ぎる。たばこ屋さんで仕事をしている○Tの人がいたが
知らない人だったので通り過ぎる。さて前を走る車が遅い、その内ハザードをつけてやまちんの車を
先に走らせてくれました、感謝。
広域農道に出たら軽トラックが40キロで走っている。制限速度40だからいいけど、もちっとなんとかならんか。
前の信号が赤になりそうだ、その車は止まらず信号を無視して走り去った。その速度だったら止まれるでしょうに。
こんな車、取り締まってくれい。

11時ジャスト、いつもの「しんとう・ふるさと公園」に到着し、ここでトイレ・タイム。
05分、出発。広域農道をひた走り、伊香保温泉を左上に見て住民センターの分岐点に到着。
おや、取締りかな警官がいるぞ、ここはちゃんと一時停止をして直進する。何も言われない。(^o^)丿
東村に入り右折して下る。県道35号線に出て左折してセブンイレブンまで直進。その先を右折して、
11時30分、橋を渡り中之条町市城に出る。薬王園の猪肉を使った「あがししカレー」を食べたかったが、
入園料を払わなければならないので、お昼は美味しいと評判の「モア・ザン」のオムレツを食べよう。


中之条パイバスを走ってすぐ右に、お目当てのレストラン「モア・ザン」が見えたのでここで昼食。
今日のランチ「カレーソース・オムレツ&コーヒー付き(880円)」を注文する。このレストランは3年前に
出来ていたのだが、あまり目立たない建物だったので過去2回通り過ぎていました。今日はちゃんと分ったぞ。
アンケートに「もっと分りやすい看板を書いた方がいい」と書いてきました。

食後のコーヒーを飲んでいたが、やまちん的にあまりゆっくりは出来ない雰囲気だったので12時退出する。
時間つぶしに吾妻のベイシアに行く。買い物(ぐびなま&つまみ、700円)をしたり、漫画を読んだり、
たばこを吸ったりして過ごす。一人旅は気楽だ。
13時20分、「天狗の湯 循環」と書いたワンボックスカーが目の前を通った。「ありゃ、こんなのあるんだ」と
思いながら次回は天狗の湯に浸かることを考える。その前に場所を確認せねば。
14時になったので川中温泉を目指し出発する。

松谷発電所の手前を右折、ダム関連の橋梁工事をしている。
対向車が来ないことを祈りながら細い道を走る。
14時25分、しばらくしたら秘湯の宿会員の「かど半旅館」さんが見えました。(^o^)丿

  

誰が言ったか知らないが、島根の湯の川温泉、和歌山の龍神温泉と並び「日本三大美人の湯」らしい。
車を宿奥の駐車場に停めたが、朝早く出るので車を川沿いの駐車場に停める。
30分、受付で秘湯の宿スタンプ帳を見せると「おお一杯ですね、おめでとうございま〜す」と
若女将が明るい声で言ったので、やまちんも明るい声で「ありがとうございます〜」と返事。
こういうのって気分がいいですね。(^o^)丿
若女将 「秘湯の会に入っていると総会とか研修会とかあって、あっちこっち行って大変なんですよ」とか
「ここまでどれ位で来ました?」と聞いてきたので、やまちん「直行で2時間と少しくらいですかね。
新潟の大沢館だったら高速で1時間40分くらいで行けますね」、若女将「ああ、そうですか。
ここを選んでくれたありがとうございました」などと世間話をする。
その後2階の「山吹の間」に案内され、いつもの作務衣に着替えてお風呂に向う。

  

しばし大湯に浸かり、露天へ向う。老夫婦が既に入浴中、「こんにちは」と挨拶をして入る。さすがにぬるいわ〜い。
本田美奈子の「つばさ」を口ずさみながらゆっくり、まったりと過ごす。

  

30分ほど過ごして源泉に入る、さすがにこっちもぬるい、というより冷たくはないがぬるい。
次に男内湯に入る、こっちは加温しているらしく暖かい、身体が温まったので出る。
合計40分浸かったので身体がポカポカしてきました。
自販機でアサヒ・スーパードライ・ロング缶(500円)を買ってきて部屋で飲む。

  

「17時半頃から夕食の用意をしますので、その時は又呼びますね。」、と言われていたので
17時、再び露天や男内湯に30分位入る。若い男性が露天に入ってきたが挨拶は無し。
一言「こんにちは」ぐらい言えるでしょう。その後、部屋で呼ばれるのを待つ。
17時50分、階段をドタバタ上る音が聞こえ、襖をドンドン。「お夕食の準備が出来ました〜」との声。
一階の食事処へ移動、今日のお客は6組9名のようだ。若い女性の1人客はいない。^_^;

席について夕食。ビールを頼んだら、やはり苦手のスーパー・ドライが出てきました。^_^;

 

しばらくしたら、岩魚の塩焼き、名物のおっきりこみが出て来ました。

  

隣の席の人がたばこを吸いに席を立ったので、やまちんも追うようにして自販機前の喫煙所に行く。
この人はゴルフのプロとのことで、旧子持村の白水カントリークラブで試合があるため茨城の結城市から
来たらしい。「ここは6回くらい来ているが、温泉の温度は昔はもっと低かったなあ」なんて言っていました。

19時、部屋に戻ったら眠くなったので、電気をつけたままフトンに入る。
目が覚めたら22時、電気を消して再び寝るがなかなか眠れない。
なんとか24時ごろ眠れたみたい。

5時に目が覚める。外はザ〜ザ〜と言う音。雨かな、と思って窓を開けたら川のせせらぎの音でした。
ふいに「聞こゆるものは、犀川の、岸辺をさそう せせらぎぞ」と「霧の川中島」を口ずさむ。(歌が古すぎる)

5時半に露天、男内湯に入る。ここは朝6時から7時までは大湯、露天、源泉風呂は女性専用になるらしい。
一旦、部屋に戻り7時に再び、露天、源泉、男内湯に入る。何故か山下久美子の「バスルームから愛を込めて」
を口ずさむ。^_^;45分、お風呂から出て部屋に戻る。

8時05分、呼びに来ないので1階の食事処に行き朝食。カップ・コーヒーを持って行ったら、「コーヒーはあちらに
用意をしていますよ」と言われた。こういうのってコーヒー好きにはありがたいですね。(^o^)丿

  

8時50分、受付へ行って会計。
基本料金11、500円、ビール700円、計12、200円。消費税610円、入湯税150円。
合計12、960円でした。ここもそうなのだが、ビール(内税)にさらに消費税を掛けている。
そこが納得出来ないが、、、。

9時に出発。対向車が来ない事を祈りながら坂道を下る。すぐ前をトラックが走る。
「おお、そうだあのトラックのすぐ後を走ろう。」という事でスピードを上げて、トラックの後に着くようにして走る。
こうすれば対向車が来たかすぐ分かる。おほほ、やまちん頭がいい。(^o^)丿 しばらくしたら案の定、
軽自動車が登って来ました。がトラックがブレーキをかけたので対向車が来たのがわかる。

無事、145号線に出てひたすら家を目指す。9時27分、中之条町市城の三叉路に到着。
45分、渋川市明保野のローソン前の信号に着く。
10時01分、「群馬温泉やすらぎの湯」の前を通り過ぎる。07分、イオン高崎SC前を通過。
16分、井野駅南の踏み切りを過ぎる。30分、上滝町の変則十字路を通り、42分無事に家に到着でした。
ちょっと飛ばし過ぎたかしら。^_^;

また行きたい温泉ですが、あの細い道がネックです。^_^; 
これで大沢館、滝沢館、まるほん旅館、関晴館別館、かど半旅館が無料で泊れる。滝沢館以外はまた、
泊りたい宿ですね。(^o^)丿


夕方のニュースで榛東村の花火工場で16日の朝3時頃に爆発事故があったという。やまちんが走った道路は、
その工場から200Mくらいしか離れていない。爆発がもう7時間遅かったら、、、。



07年2月 伊香保温泉・丸本館


丸本館自慢の「源泉かけ流し」の内風呂です。

以前から行きたかった丸本館さんに行ってきました。
7日の夕方電話をしたら「8日は開いてますよ」と言われたので早速予約。

高崎行きのキップを買い(200円)、9時34分の北藤岡駅発の電車に乗る。母親に抱かれていた2歳くらいの
子供を見ていたら、その子もやまちんを見た、というよりガンを飛ばされた。

44分高崎駅に到着。一旦改札を出て渋川行きのキップを買う。(400円)
時刻表を見たら吾妻線大前行きの10時40分の電車がある。「あれ、20分くらいの電車があるはずなんだけどなあ」
としばし考える。
23分発は上越線水上行きだ、水上に行っても仕方ない。「あ〜そうだ、23分も40分も渋川に止まるんだよ」、
やまちんの頭の中で群馬県地図が崩壊している。たまには電車に乗らなけりゃいけない。

23分発水上行きの電車に乗る。ヒマだったので渋川までの駅名を思い出して見るが、
渋川の一つ前の駅名が出てこない。なんだったかなあ、と思ってるうちに「八木原」に着いた。そうだ八木原だった。
沼田に電車通勤していた時、この駅からおかっぱ頭の可愛い女子高生が乗車していたなあ、なんて思い出す。
車窓には赤城山や遠く武尊山がはっきり見えて来ました。
サントリーの工場がありました、畑に斜めに落ちている車もありました、ご愁傷様。47分渋川駅に到着。

駅を出て、53分発の伊香保行きのバスに乗る。やまちん含めて12,3人乗車。
11時12分、見晴下で降りる。(550円)やまちんと同い年と思われる女性も降りた。
その女性、携帯電話で他の人と待ちあう様子。その人が清芳亭の方から出てきた。

夢見亭は11時半から、それまで日当たりのいいバス停で時間調整。若い女の子4人がたむろしている。
どこに行くんだろう。そのうち水沢経由「おもちゃと自動車博物館」行きのシャトルバスに乗って行ってしまった。
「吉井町」「みなかみ町」と書いた車が清芳亭の駐車場に停まった。何の会議で伊香保の来たか知らないが、
ちゃんと仕事をしろよ。

30分になったので「ぴのん」の食堂、夢見亭へ行くことにする。坂道がつらい。
店内に入る、「夢見亭なランチ」を注文する(1050円)。今日は「ホタテのムースと海老のソテー」。
当然ながら美味しい。その内に女性ばかり入店してくる。
店内は15人くらい女性、男はやまちん一人。見晴下で降りた女性も連れの人と入ってきた。


12時25分、夢見亭を出る。歩いて徳富蘆花記念文学館へ行くことにする。途中、旧ハワイ公使別邸を撮影。
ハワイが独立国であった頃、公使が伊香保を気に入りここに別邸を建てたとのこと。

40分、徳富蘆花記念文学館に入館する。(350円)
係りの方にビデオのスイッチを入れてもらい12分くらいビデオを見る。奥の喫茶室からお酒を飲んでいるであろう
女性二人の会話が聞こえる。ここは居酒屋じゃねえぞ。その後、常設展や企画展、蘆花が最期まで住んでいた
別邸(現在記念館)を見学。やまちん、蘆花よりも兄の蘇峰の名前の方が印象に残っている。

13時20分、文学館を出て石段をふ〜ふ〜言いながら登る。
丸本館の前に着くが、確認のためにバス停まで歩いてみる。細い道を通り古久屋の駐車場を横切り3分くらいで
着いてしまった。石段に戻り伊香保神社まで登ることにする。
途中、女性二人組から写真撮影を頼まれる。他にも若いカップルが何組もいた、羨ましい。
神社に着くと若い女性6人が記念撮影していた。伊香保は若い人に人気があるようだ。


その後、恐々石段を下り石段の湯に入る。(400円)茶褐色のお湯がお出迎えです。
お風呂から出たら体中ヒリヒリ、ピリピリ。丸本館のお湯もこうだったらどうしようと不安になる。
14時40分まで休憩所で休む。酔っ払いのオヤジが話しかけて来たので遠い席に避難する。
そのオヤジ今度は石段に座り、通りかかる女性に声をかけている。身内は注意せいよ。
伊香保の評判が悪くなるがな。

お風呂自慢の市川旅館、「○○様歓迎」の看板が消えていた、さっき前を時にはあったのに。
どの旅館も部屋が空いているんだったら、観光協会でもっとアピールすべきだと思う。
日帰りで来たお客さんを逃がしてはいけない。
「まちの駅」なるものが大通りにあるが、そこで大きく「お部屋あります」といったような看板を出せばいい。
4軒の若女将たちが「冬栞」を作っていてアピール、各旅館を巡る「おまけがついた遊めぐり」等も企画している
伊香保温泉、あと1歩だ。


45分、丸本館に入る。ここは部屋数8の小さなお宿、お湯は最高とのこと、楽しみである。
茶髪でジーパン履いた若女将がいるとのこと、これも楽しみ。女将さんが言うのにはお客はやまちん1人とのこと、
「女将さん、それだったら断りましょう」と言ってあげる。
3階の部屋、松風(8畳)に案内されるが途中、「ここはトイレ、ここはお風呂」の案内がないまま部屋に入る。
お茶を入れ「では、ごゆっくり」と言って出て行った。ま、いいけど。

15時、さっそく1階のお風呂に入りに行く。女風呂の写真を撮ろうとしたが、湯気で撮れない。
仕方なくあきらめ男風呂行く。脱衣所には3人分の脱衣棚がある。戸を開けると湯気がもあ〜、と迫って来る。
息苦しい。浴槽は幅2.5M、奥行き1Mくらいの広さです。お湯はドコドコ入って、ザコザコ気持ちよく流れ出していく。
もったいない。やまちん1人にほんとにもったいない。「は〜、ふ〜」言いながら浸かる。
貸切風呂&貸切旅館である。あはは。

15時30分、部屋に戻りえびせんと冷蔵庫の缶ビールを飲む。極楽、極楽。
その後、外に出て石段の様子を見るが平日のため閑散としている。
若女将たち4人が開発した石鹸を買おうと思ったがお土産屋は開いていない、これではいけない。
客がいるんだからお店は開いて欲しい。酒屋に入り缶ビールとポテトチップスを買う。(346円)

16時10分、部屋にもどり又お風呂に入る。お湯が身体にまとわりつくような気持ち良さ。
温度も丁度いい、眠くなります。お風呂から出てもヒリヒリ感は無い、ここは伊香保で一番のお湯です。(^o^)丿 
30分、部屋に戻り珍しく2本目の缶ビールを飲む。布団を勝手に敷いて横になる、20分ほど眠ってしまったようだ。 
17時30分、お風呂に入る。

18時夕食。女将さん「グラタンを焦がしちゃいました」と言うが、やまちん、ここの料理には興味が無い。


19時半、お風呂に入る。20時、部屋に戻り就寝。ちょっと早すぎるかしら。

3時半ごろ目が覚め、6時頃までうつらうつら。テレビをつけ「朝ズバ」を見る。
寝方が変だったのか左目の下のほうが水面が波立ったように物が見える、やばい変な病気かしら。
その内に普通に見えるようになったが。

7時50分、朝食。女将さんが「藤岡の佐藤さんという人がよく来るんですよ」と言う。
今朝は珍しくおひつのごはんを全部食べる。

8時50分、チェックアウト、10500+ビール代800円+缶ビール350円+入湯税150円、計11800円。
女将さん「1人だと割高になってすみませんねえ」と言うがやまちん、大満足でした。
「また、ヒマな時期に来ますね」と言って丸本館を出る。茶髪でジーパン履いた若女将に会えなかった、残念。

8時56分、バス停に着く。ちょっと早かった。やまちんの他に夫婦が一組が待っていた。
9時9分、バスが来たが道が工事していて道が狭くなっている。
女性が運転する車が、登ってくるバスを無視して通って行った。登り優先でしょ、何処でも。

10分、渋川駅行きバスに乗る。
途中から乗った男性が「これは渋川駅行きのバスかい」と聞いてきたが、バスの正面に「渋川駅行き」と
書いてあるでしょうに。何処見て乗ってるの。駅に35分に到着。(550円) キップを買って(400円)時刻表を見た。
37分の電車がある。腕時計を見たら37分、あらら、電車が入ってきた。「ちょっと、ちょっと、ちょっと」。
どうしよう、走れば間に合うが。時刻表を見たら49分の電車もある、それにしよう。
渋川駅は上越線と吾妻線が入線している、案外便利な駅だ。

10時18分、高崎駅に到着。34分の八高線がある、それに乗ることにする。
北藤岡〜渋川は480円、北藤岡で不足分80円を払おう。
34分、電車が発車するが運賃について余計なアナウンスが聞こえる。
「乗車の際は整理券を取り、運転席後の電光板の通り運賃を払って下さい」って誰も整理券なんか取らないし、
そもそも整理券なんか機械から出てないジャン。
年寄りが聞いたらとまどうがな。やまちんだって最初は戸惑ったんだから。
44分、北藤岡駅に到着。キップ入れにキップと80円を入れる。外は暖かい。

11時、無事帰宅。丸本館、今度は連泊したいお宿でした。誰にも教えたくないお宿です。(^o^)丿



06年12月 大沢山温泉・大沢館(再々々訪)



露天風呂から見た別館と内風呂

12月12日と13日、大沢館に泊って来ました。これで4回目です。

12日、10時27分発の八高線で出発。(200円)高崎駅で大沢行きのキップ(3690円)を買う。

その後、就職支援会社へ行き求人情報をチェックする。Mさんが来て履歴書を書いている。もうハローワークへ行って応募しているらしい。

駅前のローソンでサンド(210円)を買い駅へ行く。新幹線のコンコースにあるトイレに行ったら、お酒のおつまみだろうかレジ袋にいっぱい
の包みがあった。忘れた人は他の人に怒られるだろうなあ。ご愁傷さま。

待合室で待っていたら、学生が「上島だよ、ダチョウだよ」と言って出て行った。振り返って見ると赤いジャンパーを着た小太りの男性が女性
を連れて改札の方へ歩いていった。高崎で悪さでもするのかしら。高崎には赤ちゃんパブは無いぞ。

12番線、12時53分の新幹線「たにがわ」に乗る。2号車に乗るが乗客はやまちん1人。終点が湯沢だからな、席を探す手間が省けていい。

13時24分、湯沢に到着。待合室で時間をつぶす。壁には上越新幹線開通の歴史がわかるパネルが貼ってあった。


時間が来たので上越線のホームへ行く。窓の向こうに谷川連峰が見えます。14時23分の長岡行きの電車に乗る。

14時34分、大沢駅に到着。駅には大沢館の送迎用のボンゴバンが来ていた。年配の夫婦も一緒に乗って大沢館に行く。

ボンゴに揺られて5分、いつもの大きな門がお出迎えです。これから二日間、何して遊ぼうかしら。うふ。

門に置いてある焼き芋をほおばりながら、フロントに行く。「スタンプ帳をお願いします」と言ったつもりが、「ふふぁんふぉふぉふぉ、
ふぉふぇふぁふぃふぃふぁふ」と言っていたようだ。恥ずかしい。^_^;部屋は2階の「菊の間」。窓を開ければ女風呂が見えます、
見るつもりは無いが。ただ、どこもそうなのだが女風呂の写真が撮りたい。


その後、囲炉裏へ行き焼きおむすびを焼く。サンド1個ではやはり足りない、確かに足りない。焼きあがるまで時間があるので、
甘酒を飲みに行く。もちろん「ご自由に」と書いてある。(^o^)丿

田楽も食べる。これはいくらでも食べられるな。とりあえず2個食べる。その後、囲炉裏へ戻りおむすびを食べる。(^o^)丿


その後、露天に「はあ〜、ふう〜」言いながら入る。いつもながら此処のお風呂は気持ちいい。あまり寒くはない。
出るまで貸切状態。(^o^)丿

夕食までビールは我慢しようと思ったが自販機を見ていたら我慢できなくなったので買う。(350円) 囲炉裏の火を見ながら
しばし飲む。今日は泊り客が少ないのか誰も囲炉裏には降りてこない。残念。

16時20分、一旦部屋に戻る。17時20分、浴衣に着替えて露天、内風呂に入る。

18時、フロント横の食事処で食べる。夫婦2組とやまちんだけ。別館には3組くらい客がいるようだ。コップは「いぐさ」のシートが
巻いてあって、ビールに熱が伝わらないように工夫してある。これはうれしいサービス。(^o^)丿

ビールも温かくならないように、桶に氷が並べられていた。これもうれしいサービス。(^o^)丿大沢駅で一緒に乗った夫婦が、
なにやら噛みあわない会話をしていた。ちょっと可笑しかった。

部屋に戻り9時に寝る。

昨日食べ過ぎたせいか胸やお腹がむかつく。疲れる夢を数種類見た。4時に目が覚めたが寝るのが怖いので起きることにする。
由紀江さんの「ベスト オブ ベスト 20ソングス」を聞きながら過ごす。

テレビをつけたがやはりチャンネルと内容が群馬と違っていた。3がテレ朝、4はそのまま日テレ、6がフジ、8がTBS、10がNHK、
12がNHK教育だった。慣れていないと戸惑うな。

6時半、露天に行く。やはり空気は冷たい、服を脱いで行く度に寒さを感じる。熱い熱いと言いながら体を湯に沈める。2,3分後やっと
体がなれる。「はあ〜、ふう〜」と言いながら目をつぶる。

朝日を受けつつある巻潟山を見ていると時間が経つのを忘れてしまいます。

7時、囲炉裏に行きカップコーヒーを飲む。新聞を開いたら見覚えのある犬の写真が掲載されていた。「ポチたま」に出演していた「まさお君」が
亡くなったとのこと。10月から悪性リンパ種にかかり抗がん剤治療をしていたがその甲斐もなく亡くなった。

女性を見ると見境もなく後から抱きついていた行動を羨ましく見ていた。親がその番組を見ていたのでずっと見ていたのでさびしい気がする。
合掌。

8時、中広間で朝食を取る。4組の夫婦とやまちん。昨晩食べ過ぎたので食が進まない。

その後、囲炉裏に行きカップコーヒーを飲む。囲炉裏の火は体が温まる。廊下で帰りの電車の時間を確認していたら、時刻表の上に
新聞記事があった。
映画「HANABI」でこの大沢館が使われたとの事。今度レンタルして見てみよう。北野作品は見たことがないが。

テレビのワイドショーで歌手の小柳ルミ子さんのお母さんが亡くなったという報道があった。それより「まさお君」はどうした、まさお君の方が
人気があるぞ。

10時、天気もいいので散歩をすることにする。大沢山トンネルへ通じる道路を歩く。少し歩くと駒ケ岳と八海山が見えてきた。
少し歩くと魚沼平野が見えました。

宿に戻る。約一時間のお散歩でした。裏に山道があったので上って写真を撮る。下ろうと思ったら、昨日大沢駅から一緒に
迎えのボンゴに乗った夫婦が上って来た。「もう一晩お泊りですか」と聞いてきたので、「はい、そうです」と返答をする。
この夫婦も連泊かしら。

宿に戻り渡り廊下でたばこを吸う。アイスがあったので1個なめながら、正面の巻潟山を見る。山水画のようだ。ちょっと感激。
自分でも書いてみたいな。

フロントに行き明日の駅までの送迎をお願いする。9時15分に宿を出るとの事。

11時半、部屋に入りちまきを食べ、内風呂に入りに行く。誰もいない。あはは。貸切貸切〜。(^o^)丿このお風呂は温度が露天に比べ
低いので長湯が出来ます。

12時、布団に入り13時まで横になる。

13時半、甘酒と田楽を食べに下に降りる。田楽が入っています。お湯は温泉かしら。

14時、寒くなったので暖房を入れ、金子みすず童謡集を声を出して読んでみる。声を出して読むと気がつかなかったモノに気がつくようになる。
「蓮と鶏」もそうだ。

「泥の中から 蓮が咲く それをするのは蓮じゃない

卵の中から 鶏が出る それをするのは鶏じゃない

それに私は 気がついた

それも私のせいじゃない」

(ハルキ文庫・金子みすず童謡集より)

なんか不思議な世界に連れ込まれそうな詩です。

15時、囲炉裏へ行き休んでいたらご主人が「むすびでも餅でも焼いて食べてください。焼き方は分っているよね」と「はい、分っています」と
返答する。田楽だけで済まそうと思ったが、せっかくなので餅を2枚焼くことにする。お醤油をつけて食べました。
なにやら外は雨が
降り出したらしい。宿の人に夕食の時間を18時半にしてもらうよう依頼をする。

15時半、露天に行く。もちろん貸切状態。(^o^)丿

部屋に戻り由紀江さんを聞きながら夕食を待つ。テレビをつけたらNHKで「磐越西線の想い出」という番組を放送していた。地方に来て
地方独自の番組を見るのは面白い。

18時20分、食事処のいろりの間へ行く。ここ大沢館は8泊目になるがここで食事するのは初めてである。グループのお客さんが来たときに
使うらしい。

部屋に戻る。しばらくして囲炉裏を上から見たらお客さんとご主人が座っていた。八海山でも飲んでいるのかな。
やまちん、今日はそんな気分になれない。以前のように二日酔いにはなりたくない。

21時、就寝。


昨晩も疲れる夢を数種類見た。なんだかな〜って感じのお目覚めです。

6時半、内風呂に入りに行く。貸切状態です。

8時、中広間で朝食です。

9時、会計をしにフロントに行く。宿泊代26000円+消費税1300円、入湯税240円で27540円。
ビール代1600円+消費税80円で1680円。合計29220円。

はて、ビールに消費税がかかっている。酒は内税のはずだよな。ま、いいか。桶代と氷代と思えば。

9時15分、大沢駅までの送迎用のボンゴに乗る。乗客はやまちん1人、ちょっと寂しい。

9時32分、湯沢行きの上越線、4両編成の3両目に乗る。乗客はやまちん含め5人。ここもじき廃線かしら。左側の座席に座り
越後の山々を見る。

こうやって座席に座っていると吉永小百合さんのJRのCMを思い出す。小百合さんだったら鞄持ちでもいいから同行してみたい。(^o^)丿

44分、越後湯沢駅に到着。新幹線は10時3分の「あさひ」と20分発の「たにがわ」がある。「あさひ」は多分込んでいると思うので、
湯沢発20分の「たにがわ」に乗ることにする。
清算口で230円払い、一旦コンコースに出て高崎までのキップを買う。(3410円)

時間があるのでお土産屋などを覗いてみる。奥に「ぽんしゅ館」という酒屋があった。色々な地酒が並んでいた。その奥になにやら
温泉施設があるらしい。酒風呂とのこと。時間がないので次回にしよう。いつになるやら。

時間が来たので新幹線ホームに行く。自由席の乗り場が分らなかったので、情けないが駅員さんに聞く。
駅員さんも「分りにくいですよねえ」と言っていた。

20分、二階建てのMAXがホームに入線する。

57分、高崎に到着。北藤岡までのキップを買い(200円)、くまざわ書店に入る。森村誠一の「誉世の証明」を買う。
(660円)これはまだ読んでいない。

11時45分、八高線の電車に乗り無事帰宅いたしました。めでたし、めでたし。(^o^)丿


HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳
プログ・やまちんのキレそでキレない365日