やまちんの一人旅の宿4


積善本館です。
HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日


  05年11月 沢渡温泉・まるほん旅館(再訪)

11月15日、16日沢渡温泉・まるほん旅館に連泊してきました〜。(11000円*2泊)

9時ちょっと過ぎに曇天の中、今回は本田美奈子を聞きながら出発。まっすぐ前橋・渋川を行こうか、それとも斜めに榛名山麓を行こうか迷いましたが斜めに行くことに決定。

北に向かい関越の側道をしばらく走り、側道を離れ井野駅の南に出る。高前パイパスを横切り吉岡・榛東へ向かう。「しんとう温泉・やすらぎの湯」の横を通り榛名山麓線に出る。ふるさと公園でトイレ休憩。日が出てきた。

伊香保の下を走り、あまり綺麗でない紅葉を見ながら東村に下る。道端のコンビニでお酒のつまみを購入。

11時30分になったので15日オープンした卵料理専門の店に行こうとした。中之条は3年近く担当した地なので大体分かるかな、と思ったら場所が分からん。人に聞くのも面倒くさいのでいつもの薬王園に行く。(800円)

健康ロードの看板が目に入ったが今回はよそう。レストランに入り、目・肝臓に効くと言う「肝太粥」(790円)を注文。食べやすいように冷ましてあったが、やまちんは熱いほうが好み。食休みをしていたら日が出てきて暖かくなった。


「やはり、ここに来たらやらねば」という義務感がふつふつと沸き始め、結局は健康ロードをやることに。靴を脱ぎ、さあスタート。はて、いつもは痛く感じない丸太の道が痛い。逆に痛く感じていた小石の道が、痛いことは痛いが以前より痛く感じない。体の悪いところが変わったのかしら。安心と不安が交互する。そのうち足がぽかぽかするのを感じる。12時50分になったのでそろそろ沢渡へ向かう。


駐車場に車を止めフロントへ。スタンプ帳と謝恩ハガキ(料金一割引)を渡すが、「申し訳ありません、二つの併用は出来ないんですよ」と言われたので、「じゃあ、スタンプ帳を優先してくださ〜い」と返事。3階の23号室へ案内される。日当たりは良さそうである。



さっそく着替え内風呂に入る。「おお〜、いい湯加減。極楽極楽」と言いながら、「♪マリリ〜ン♪」の歌を口ずさみながら一時間浸かる。こういう檜のお風呂はやっぱり気持ちがいい。その後、新しく出来たという露天に入る。さすがに風が冷たいのですぐ出て部屋に戻る。まだ時間が早かったが我慢できず発泡酒を自販機で買う。300円。しかしビールは350円。どっちがお買い得なんだい。ま、いいや。


5時に再び内風呂へ。6時、夕食。

その後フロントで一休み。ジューク・ボックスの中身を見たら懐かしい歌ばかり。演歌はもちろん入っているが浅野ゆう子「セクシー・バス・ストップ」、ジグソー「スカイ・ハイ」、ニール・リード「ママに捧げる歌」など思わずニコっとしてしまった。

10時、就寝。なにやら話し声と「ピチャ、ピチャ」と音がする。あ、そうか露天が窓の下にあったんだ。気になったのであまり熟睡出来ない。

うつらうつらしながら6時起床。内風呂は7時からなのでしばらく待つことに。7時になったのでいざお風呂へ。8時、朝食。その後ふとんに入り11時まで寝る。

お昼になったのでお茶を飲みながらスナック菓子を食べる。「じゃ〜行こうか」と隣の共同浴場へ行く。運よく男性が一人出て行った。「もしや」と思い覗いたら誰もいな〜い、「ラッキー」。念願の写真を撮る。ぬるい浴槽で体を温め、さあ熱い浴槽へ。やっぱり熱い。本田美奈子の35秒間のハイトーン・ボイス(「つばさ」という歌のサビの部分)に負けてたまるか、と念じながらなんとか1分経過。「もうだめ〜」たまらず出る。ちょっと体を休ませ又1分入る。

部屋に戻り由紀江さんを聞きながら過ごす。2時ごろ寒くなったので外を見たらお天気雨、しばらくしたら風花が舞ってきた。すぐ止んだが寒気が入り込んでいるのかしら。

5時内風呂に入り体を温める。6時に食堂へ。その後部屋に戻り焼酎を飲む。10時就寝。その晩は思い切り熟睡した。

6時パッチリ目が覚め、7時まで待機。目をつぶりながらの〜んびり内風呂に入る。

この宿は2泊じゃたりない。今度は3泊したい。


  05年5月大沢山温泉・大沢館(再々訪)

5月31日、6月1日。恒例の連泊。そのうち一泊は「秘湯の宿スタンプ10個」のご招待です。

朝9時出発。
前橋、渋川、子持村経由で沼田へ出る。いつもは新治村経由で三国峠を越えるのだが今回は月夜野町の日帰り温泉へ寄る事にしました。


昨年、上牧駅の近くに「風和の湯」というのが出来ました。施設は新しく清潔そう。500円払い内風呂に。地元の方が3人入ってました。内風呂は4,5人が入れば一杯の浴槽です。無色透明で当たりが柔らかいお湯ですね。露天は設計ミスなのかわかりませんが、2人入れば一杯の大きさ。もったいない。

20分ほど入って、水上インターを目指す。経費節減のため湯沢インターで降り、途中コンビニでサンド一個を購入、そこで食べる。

12時少し過ぎになったので、日帰り温泉「アクエリアス」に寄る。大小タオル付きで800円。無色透明でややヌルヌル感があり入りやすいお湯です。

2時ちょっと過ぎに出て、酒屋へ行き缶ビールを購入。一息して大沢館へ向かう。

2時40分ころ大沢館に到着。フロントでスタンプ帳と招待券を渡す。招待分の別館お泊まりは明日とのこと。本日は本館2階の左奥「紅葉の間」です。

いつもは一目散にお風呂に直行するのですが、今回はお茶を飲み、囲炉裏でおむすび2個を焼いて食べてそれから入りました。


まず露天に。遠くに雪の残った巻潟山が見る。
いつもより熱く感じました。40分ほど出たり入ってりして過ごし、内風呂へ向かう。途中渡り廊下でアイズをほおばる。冷た〜い。

田楽が出ていたので、2個食べて内風呂に入る。ちょうどいい温度です。

部屋に戻り缶ビールを飲み、一時間ほど横になる。5時半になったのでまた露天に入る。

6時になったので広間へ行き夕食。しばらくすると主が八海山を持って現れる。つかまってはいけないので急いで食事を終わらせ囲炉裏に逃げる。今夜は囲炉裏にも現れない。ラッキー。
10時に就寝。夜中「呪怨」のような夢を見たので飛び起きてしまい、怖くて朝まで眠ませんでした。こわがりなやまちん。

翌朝5時半起床、露天に入り目を覚まさせる。
8時に朝食。眠いので10時ごろまで布団の中に入る。

11時過ぎに招待券での部屋替えです。どんな部屋だろう。案内され別館の2階へ移動です。


「欅の間」。戸を開けると「広〜い」と叫んでしまいました。
トイレ・洗面所付き、4畳半+10畳+広縁の広さです。今晩眠れるか心配です。(^_^;)


カップコーヒーを飲み、由紀江さんを聞き、詩集を読み過ごす。
お腹が空いたので下に降り田楽を食べ、囲炉裏へ行く。おむすび2個を焼こうと思ったが火が消えかけていた。急いで火をおこすが、火がまわるまで20分かかってしまった。
おむすび2個を焼いて食べる。すこし満足。

この日はやまちんを含めて泊り客は4人しかいない。すこし寂しい。

この日は内風呂が工事のため、露天しか入れない。お昼と夕方に一回ずつ入る。


夕食は部屋で取りました。広い部屋での食事はわびしいですねえ。

仲居さんと昨年の中越地震の話をする。何回もかなり揺れて混乱したそうです。泊まらずに真っ暗な中、帰宅したお客もいたり、散らかった大広間でみんなで雑魚寝したり。夕食は電気も止まったので全員おむすびを食べたそうです。地震の時は地の底から「地鳴り」が。地震発生は土曜の夜6時ですからね想像してましたが、話を聞いたらそれ以上でした。


10時半就寝、翌朝6時まで寝てました。朝風呂に入り8時に食事。お土産に八海山の吟醸酒と本醸造の中ビンを買う。

今回は気のせいか、露天のお風呂がいつもより熱く感じました。そのため昨年、一昨年に比べお風呂に入る回数は少なかったです。

また地震の爪あとが残っていて、壁がひび割れていたり、壁が少し落ちていたりしていました。
大広間の地盤がグチャグチャなり全面的に改修、内風呂も取り壊して改修とのことです。

今月(六月)は占いによるとやまちんは六白金星、南西の方角がいいとのことです。そうすると埼玉、山梨の温泉がいいのかな。


  05年5月 赤城・滝沢温泉・滝沢館

5月10日、11日。12、700円*2泊。 日本秘湯を守る会の会員宿です。

やまちんちから一時間でいける秘湯のお宿です。
時間があるので日帰り温泉「あいのやま温泉」に行く。駐車場が空いている、ラッキー。看板を見ると「休館日」と書いてある。あじゃ〜。

しかたなく15分移動し、日帰り温泉「富士見温泉・ふれあいの湯」に行く。見晴らしはいいですね。北を見れば赤城山、南は関東平野が見渡せます。
3時間500円。田舎の施設なので利用者は中高年ばかり。お湯はやや緑かかった色です。味はかなりしょっぱい。2時20分になったので出発。


赤城山南麓にある滝沢温泉・滝沢館は、ふもとの353号線を北に10分程登った所にあります。道路の両端にはヤマツツジが見ごろ。
(353号線を4分ほど登ると赤城神社との分かれ道が。右に入る。そしてまた4分ほど山道を行く。滝沢館と書いた看板が右側に見える。1分ほど走ると渓流沿いに滝沢館があります。)

スタンプ帳を渡し、仲居さんの案内で部屋へ。
部屋は2階の奥の「せせらぎの間」。廊下には小物が並べてあったり、タオルが干してある。
広さは10畳プラス4畳。一人にしては広い。さっそく作務衣に着替えお風呂へ。

露天風呂はやや緑がかった色のあたりが柔らかいお風呂です。源泉・加熱・循環してあります。
長湯にはもってこいの湯加減ですね。ただ、残念なことに露天の上を木々が覆い茂っていて、落ちた葉っぱや小さい虫が浮かんでいます。すくって外へ流そうとしても、かけ流しでないためお湯の排水溝が無い。網がありましたが、前にすくった葉や虫がそのまま。使う気分になりません。

しかたなくそのまま10分程浸かって内風呂に入る。こちらは井戸水を沸かして循環してあります。

露天はもう少し宿の方が管理したほうがいいですね。清掃は4日から7日に一回。理由は、お湯を流したらお風呂が一杯になるまでに半日かかるからとのことです。ただこの露天、少し深い。普通に座ると鼻までお湯がかかってしまいます。浅めに造り替えたらお湯を入れる時間も今よりは短縮できるのに。ちょっと残念。

夕食前に内風呂に入り体を温める。夕食は空いてる部屋で取りました。まずはビールを一口。
料理は山のものを使ったものばかり。鹿刺し、鯉のあらい、岩魚の塩焼き、豆腐の豆乳鍋、豆腐ハンバーグ。など美味しい。

10時就寝、5時起床。少々眠い。
朝風呂に入り、朝食。部屋に戻り、NHK「ファイト」を見て、一時間ほど寝る。

音楽を聴き、本を読み一日を過ごす。やや寒いです。

露天は入る気にならないので夕食前に内風呂に入る。夕食は部屋でとりました。
料理はイタドリ、山うど、たらの芽、こしあぶら、マイタケ、高野豆腐、つつじの花のてんぷら。厚揚げとお肉の陶板焼き。など。これまた素朴な料理でしたが美味しかったです。

10時就寝、6時半起床。よく眠りました。(^o^)/

朝風呂には入らず、朝食。
スタンプ帳をもらい帰宅しました。さて、今回のお宿、人に奨められるかと問われれば「NO」かな。野趣満点の露天、と聞こえはいいですがあれではね。(-_-;)


  05年4月 四万温泉・積善本館(再訪)

12日、13日といつものように連泊で積善本館に泊まってきました。三年前、滞在中に体調を壊し満足な湯治が出来なかったので、リベンジの意味を含めた訪問です。天気が良ければ温泉街を一回りをしようと、折りたたみ式自転車を積む。

12日(火)、9時ちょっと過ぎに自宅を出発。前橋、渋川経由、小野上村の道の駅でコーヒータイム。中之条のコンビニでサンドとお茶を購入。11時半ごろ四万ダム湖畔の「こしきの湯」で昼食を取ろうとしたら、駐車場が一杯。天気予報どおり外は寒い。仕方なく昼食だけ取って、すこし戻って「清流の湯」で一休み。

14時になったので「積善本館」へ向かう。温泉街の本通りを過ぎ、四万グランドホテルを右に見て橋を渡るとそこに木造の建物が出迎える。バッグを下ろし、車のキーを預けてフロントへ。部屋は3階の「イの30号」。(昔の潜水艦の名前みたい)9畳の部屋です。

早速、作務衣に着替えお風呂棟へ。階段を降り、フロントの前を通り、外の下足箱にスリッパを入れ、ドアを開けいざ元禄の湯へ。「おお〜、いい雰囲気」とつぶやきながら裸になり、一番手前のややぬるめの浴槽に入る。4月とはいえ、その日寒かったせいか熱く感じる。前回は入らなかった蒸湯に入ってみる。約20分入ったら汗が出てきました。
その後五つある浴槽に入る。岩風呂(混浴)に入る。誰もいない。残念。
佳松亭の「杜の湯」に入り、一服した後一旦部屋に戻る。外の景色を見、音楽を聴いたり、詩集を読み、ぼ〜とする。5時になったので又元禄の湯に行く。どこかの老人が、熱いからと清掃用のホースを使って浴槽に水を入れている。
「何やってるんですか。水を入れたら温泉ではなくなるでしょう。」
と言ってみましたが、まるで反省の色はなし。困った人もいるもんです。

夕食の前に、買っておいた発泡酒を2本グイっと飲んで食事処へ。料理は三年前よりグレードアップしている。
その後、元禄の湯に入り9時半ごろ就寝。

4時ごろ起床。ぼけ〜としながら5時半ごろまで過ごす。元禄の湯、杜の湯に入る。
8時、朝食。NHK朝ドラ「ファイト」を見て布団の中に入り仮眠。
10時になったので、杜の湯に行く。チェックイン時にもらった館内名湯マップを見ると、各お風呂、飲泉所にあるスタンプを押し、佳松亭フロントに持って行くと記念品がもらえるとのこと。じゃ〜、といいうことであちこち回ってフロントに持って行くと、版画の絵葉書2枚を渡されました。

11時半になったので、柏屋カフェへ。今日も外は寒い。サンドイッチプレート(750円)とコーヒー(250円)を注文。
宿に戻り、1時、3時、5時にお風呂に入る。そして夕食、生中を注文。750円。高〜い。
その後、元禄の湯、杜の湯に入り9時ごろ就寝。熟睡。

5時ごろ起床。テレビを見ながら過ごす。6時になったので又、元禄の湯、杜の湯に入る。今日は天気が良さそう。日差しが暖かい。結局昨日、一昨日と寒かったので自転車は出番なし。残念。
8時、朝食を取り一服。9時になったのでフロントへ。次回は3泊しよう。


  05年2月 四万温泉・柏屋旅館

2月17日、18日。2年前から行きたかった四万温泉・柏屋旅館に泊まりました〜。

四万へはいつもは車で行きますが、今回は趣向を変えて(というより雪の心配もあり)、行きは高崎駅からの直通バス、帰りは路線バスと電車を使いました。

高崎駅東口13時発のバスで出発。さすがにオバハンの数が多いです。運転手と女性客が四万に着くまでしゃべくりどおし。うるさいし、寝むれない。悔しいのはそのお客が豊島屋に泊まることです。
こんちくしょうと思いつつ、バスは榛名山の山麓線を通り、中之条へ。


そして四万・柏屋前へ14時40分、時間どおりに到着。路線バスと違って旅館前に留まってくれるのはありがたい。降りるのはやまちん一人だと思ってましたが、26,7才位の女性が一人おりてきました。ショートカットでやまちん好み。うふ。


寒いのですぐ玄関へ。受付をすると松の間・デッキテラス付の部屋を案内されました。昨年入った川向かいの「清流の湯」が丸見えです。やまちんの裸もこうして見られちゃったかしら。さてこの部屋、一人で泊まるのには勿体ない広さ。

早速、作務衣に着替え内風呂へ行きました。ややぬるめのお湯。そして三つの露天、桜・楓・月の露天に入る。体が冷えていたせいか熱めに感じました〜。さすがの熱湯好きのやまちんも1分も続けては入れませんでした。出たり入ったり繰り返しながら入りました。部屋に戻り一休みし、カップコーヒーを飲み、5時に内風呂に入りそして夕食。ややボリューム感がありませんが、普段から小食のやまちんには十分。

9時に就寝。翌朝5時に起床。平日とあまり変わらん。内風呂、露天に入りそして朝食(和食)食べる。音楽を聴き、詩集を読み時間を過ごす。
お昼になったので、歩いて17分の柏屋カフェで名物キーマカレーを食べました。シックでいい感じのカフェですねえ。


戻ってくると部屋替えで2泊目は虹の間へ移動。布団を敷いてお昼ねをする。2時に又三つの露天に入る。寒いので熱く感じる。また布団にしばし入る。5時に内風呂に入り、夕食を待たずにビールを飲んでしまいました。そして夕食、昨晩よりボリュームがありました。若い仲居さんに「それ(作務衣)、お似合いですね。カッコいいですよ」と言われ気分よく就寝。今まで若い子にそんな事を言われたためしがない。

翌朝6時に起床。窓を開けたら雪が5センチほど積もっていました。粉雪の中、露天に入る。つい「小樽の人よ」を口ずさんでしまいました。(若い人にはわからないか)。そして内風呂に入る。宿泊客が若い世代の人が多いせいか早い時間、風呂に入る人が少ない。朝食(洋食)を食べる。三つの趣向の変わった無料の貸切露天風呂、また夕食でなまずのカルパッチョを経験できるなど格安のお宿でした。

帰りの日は朝から粉雪。ヤバイと思い、帰りは直行バスをキャンセル、路線バス・JRを乗り継ぎ帰宅しました。渋川まで雪が積もっていました。

アンケートに「温泉水を冷やしたものが飲みたい」と書いたら2泊目の夕方用意してくれました。飲みきれないのでペットボトルに入れて持ち帰りました。
料理は小食のやまちんにはちょうどいい量でした。3つの無料露天風呂はいいアイデアだと思いますね。スタッフの方が若くがんばっているので今後に期待しましょ。



HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日