やまちんの一人旅の宿5

関晴館別館です。

HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日

  06年10月 尻焼温泉・関晴館別館

10月25日(水)、念願の関晴館別館に行ってきました。

朝方は少し曇っていましたが、時間が経つに連れて天気予報どおり晴れて来ました。絶好の温泉日和です。

8時50分、自宅を出発。前橋・長瀞線を北に向かい走り出しその後、関越の側道をしばし走る。側道を離れヤオコー井野店の信号に出る。トラックがやまちんの前に停まっている。「あれ、まさか」と思っていたらやまちんと同じ方向に動き出す。井野駅の南に出る予定らしいがそこは細い道。対向車はいい迷惑だ。

9時20分、高前バイパスの小八木の信号に出る。交差点を直進し、高崎・渋川パイパスを走って行こう。

28分、20日にオープンしたばかりのイオン高崎SC店の前を過ぎる。かなり大きい建物だわい、駐車場ではすでに50台位停まっている。今度来てみよう。

とりあえず直進し榛東村のフルーツ街道に出る。

9時45分、しんとうふるさと公園でトイレタイム&1服&コーヒー休憩。赤城山も県庁のビルも良く見えます。

10時、出発。しばし景色を見ながら伊香保温泉の下を走り東村に下って353号線、145号線を走る。

松谷発電所手前のセブンイレブンで営業らしい男女が車のハッチバックを開けてなにやら仕事をしていた。もしや○Tの人かな、と思い近づいてみたら見知らぬ人、男性社員も女性パートの人も担当が替わったんだな。こちらも顔を知られていないので知らん顔をする。やまちん、目だった働きをしていなかったので会社内ではあまり顔を知られていなかった。残念。

11時、吾妻峡に着きしばし道路沿いの歩道を散策する。今迄この道は通ったことはあるが歩道を歩いたことはなかった。ゴーゴーと言う音は聞こえるが、渓谷は葉っぱが邪魔をしてあまり見えない。残念。

20分、出発して八つ場ダム広報センター「やんば館」へ向う。ここでしばし見学。ダムに沈む吾妻地域と今後について係りの方の説明を聞く。「このご時世にこんなダムは要りませんよねえ」なんて言えない。

40分、出発し長野原草津口駅を通り過ぎて六合村へ向う。まずは「長英の隠れ湯」に行こう。

信号を右折し六合村に入る。ありゃあ、こんな道だったかな。しばらく走ると「長英の隠れ湯まで1.8キロ」と書いた看板があったので右折し山道を走る。最初は広かった道が段々狭くなる、狭くなる。その内に坂がきつくなる、道はあい変わらず狭い。対向車は来ないでくれい、と叫びつつ低速で走る。ようやく道が広くなり建物が見えて来た。

12時10分、「長英の隠れ湯」に到着。建物は新しいようだ。受付で400円払いお風呂に入る。先客が既に二人いた。「こんないい施設に少人数ではもったいないなあ」、とつぶやきながらお湯に浸かる。極楽、極楽、お湯は適温でした。庭の植えてある木々は紅葉していました。

30分、退出して「応徳温泉 くつろぎの湯」に向う。来た道を少し戻り45度右折し坂を下る。いい道でありますように、と祈りながら運転。なんじゃい、広いじゃん。2分で405号線に出てしまったではないか。最初からこちらから来ればよかったわん。

橋の上から写真を撮る、いい景色。

40分、道の駅の隣接している「応徳温泉 くつろぎの湯」に着く。400円支払いお風呂に入る。先客が1人。お風呂の中は湯花が舞っていた。お湯は適温で気持ち良く入れる。
休憩所には電気こたつがあった。冬場は助かるなあ。

13時10分、道の駅の食堂で「ざるそば」を注文。(700円)給水機のお水は甘くて美味しかった。(^o^)丿 店内が混んで来たので退出し、車の中でたばこを吸ったりコーヒーを飲んだりして過ごす。日差しが暖かい。

14時、出発。草津との分かれ道を右折して尻焼温泉・野反湖方面に向う。川の向こうに湯の平温泉の建物が見える。
白砂渓谷ラインの景色を見ながら、落石や路肩に注意しながら走る。忙しいわい。開運橋を渡り入山の花敷温泉・関晴館本館に着く。ちょっと休憩、ここには用がないので800M奥の尻焼温泉を目指す。


20分、関晴館別館に到着。さすがに疲れた〜ん。ちょっと甘える。(誰に)「いらっしゃいませ」と言って暖かそうな女将さんと旦那さんがお出迎え。受付をして部屋に案内してもらう。館内は入り組んでいて迷子になりそうです。



2階の「しらかば」がやまちんの部屋。玄関と清潔そうなトイレと6畳の広さの部屋です。

ここは浴衣ではなく「作務衣」が用意されていたが持参の作務衣を着る。

30分、人が来ないうちに内風呂、露天風呂、家族風呂の写真を撮る。撮ったらゆっくりとお風呂へ。

まずは内風呂に入る。お湯はザコザコと流れ込み、ザーザーと流れ出している状態。今迄こんな「ザコザコ、ザーザー」のお風呂に入ったことは無かった。とにかく気持ちいい。



露天に入る。内風呂に比べ湯温は低いようである。吹き来る風は涼しく気持ちいいわ〜。



家族風呂に入りに行く。「予約は要りません、空いていれば入れますよ」と仲居さんに言われて飛び込むがいかんせん狭い。二人抱き合って入れば一杯の狭さ。若い娘さんと来てそんな状態で入りたいにゃ〜。
それにしても熱い。1分で出てしまった。

15時、宿から150M上流にある有名な「川のお風呂」を見に行くことにする。宿の人にスタンプ帳を渡す。

川の風呂は2日ほど雨が降ったから入るのは無理だろう、最初から入る気はしなかったが。

橋を渡り川沿いの道を少し下ると小屋が建っている。川の中には誰もいない。小屋を覗いたら海水パンツを履いた小太りの男性と水着を着た小柄な女性がかがんでいた。奥には年配の男性がお風呂に入っていて何やら三人で話をしていた。浴槽に手を入れてみたら温い。


試しに川に指を入れてみたら冷たいこと。やはり入れないようです。

川沿いの細い道を引きかえすと、27,8歳くらいの女性がトボトボと1人で歩いてきた。振り返ると小屋の中を覗いたり小屋の裏を見ているようだ。着替える場所なんかは無いよ〜だ。
やまちん、関晴館別館へ歩くがその女性がその後、どのような行動をとったか少し気になる。観念して脱いだのかな、うふ。

宿に戻ったらさっそくスタンプ帳を返してくれた。これで7個、あと3個だ〜。

40分、再びお風呂に入り体を温めそして部屋に戻り、持参のぐびなまを飲む。極楽極楽。その後、自分で布団を敷き少し横になる。

「17時30分くらいから夕食の準備をさせてもらいます」と言われていたので10分にまたお風呂に入りに行く。内風呂に行くとなにやら浴槽内で泳いでいるバカ者がいた。やまちん、真ん中に座り足を出してバカ者の泳ぎを阻止する。

40分、夕食が運ばれて来た。ただ、ガラス戸を「トントン」、間髪いれずに襖を開けるのは止めて欲しい。



お膳が二つ、ボリュームは多そうです。食べられるかしら。由紀江さんを聞きながら、苦手なアサヒ・スーパードライを飲みながら食事をする。

18時20分、様子見の男性従業員の方が「トントン」、間髪いれずに襖を開けて入ってきた。「早いちゅうねん」。「ごゆっくりとお食べください」と行って出て行くが、これではゆっくりしてられないわよ。多少ペースを上げて食べるがいかんせんお腹が一杯状態。
40分、やっと食べ終わり片付けに来てもらう。

20時、体を温めにお風呂に入りに行く。辺りは真っ暗。もう何十年も何百年もこういう環境だったんだなあと思うと感慨もひとしおです。

30分、部屋に戻り電気を消して寝るが眠れない。

22時、起きて報道ステーションを見る。プロ野球、日ハムが勝って3勝にしたらしい。

電気を消して寝るがなんだか眠れない、川ですれ違った女性が気になる。でも知らぬうちに寝てしまったようだ。

翌朝6時起床。お風呂に入りに行く。お風呂は男女が交代になっていた。階段を下り川沿いの露天に入るがさすがに朝は寒い。湯気の中、なんとか内風呂と露天の写真を撮る。やはり朝はいい写真が取れないものだ。

7時30分、食堂に行き朝食を取る。温泉卵の殻がうまく取れない。我慢出来ずにおはしを中に入れて無理やり出して食べた。コーヒーは「ご自由に」と書いてあったので頂く。


8時30分、会計してもらう。支払いは13、380円でした。スタンプ10個のご招待は此処、関晴館別館にしよう。来年になりそうだが。

40分、関晴館別館を後にする。途中の橋で写真を撮る。温度表示板には「10度」と表示されていた。
55分、村役場と通り過ぎ「暮坂峠」の看板があったので暮坂峠を越えることにする。ここを通るのは17,8年ぶりだ。「中之条まで28キロ」と書いてある。道は広くなってるかしら。だがそんな期待は無理であった、相変わらず狭い。景色を見ながら運転は間違っても出来ない。^_^;

9時5分、峠に到着。若山牧水の歌碑があったので撮影。その後、再び狭い峠道を下る。
20分、少しは平らに所に出てきた。その間、8台しか対向車は無かった。
25分、沢渡温泉入り口を過ぎる。天然橋を渡り353号線を中之条へと走る。温度表示板には「20度」の表示がされていた。中之条は暖かいのね。
その後、小野上村の道の駅「おのこ」でトイレタイム。

10時20分、子持・渋川間の新吾妻橋を渡る。その後、前橋の国体道路を南下し11時20分、無事藤岡の我が家に到着しました。

  06年6月 秩父・新木鉱泉旅館

6月27日(火)、3年前に「旅行読売・臨時増刊・ぶらり気ままにひとり旅」で紹介され関心があった「新木鉱泉旅館」さんへ行ってきました。
基本料金12、600円、ビール650円、缶チューハイ330円で13、580円でした。


昨晩、寝冷えしたのか少々頭が痛い。葛根湯を飲む。

9時40分、自宅を出発。今回も1泊だったので荷物は少ない。途中のコンビニでレモン・ウォーターを買う。(147円)

9時55分、神川町の道の駅で休憩&喫煙タイム。日が出ているので暑い。10分後出発。

しばし順調に走る。寄居町に入ったら時速50キロのところを悠々と40キロで走る軽トラックがいた。やまちんの後ろには7,8台の渋滞が出来ていた。たまらずクラクションを「プー」と鳴らす、無視。又「プー、プー」、無視、無視。こら〜、「プー、プー、プー」、無視、無視、無視、無視。前方左手にベイシアが見えたのでそこへ逃げる。5分ほど喫煙タイムの後に出発。

まだ頭が痛いので寄居皆野有料道路へのアクセス道路沿いのマツキヨで栄養ドリンクを買って飲む。(400円) 効くかしら。再び秩父・皆野方面へ車を走らせる。

しばらく走ると「寄居皆野有料道路は右車線」に、秩父長瀞方面は左」にの道路標示があった。ちんたら走りたいので左の車線に入る。頭の上には有料道路の高架橋が見えた。

ぐるっと遠回りして走る。道路沿いにはやたらと「蕎麦」の看板がある。ここら辺は蕎麦どころかい。

長瀞町に入ると「石畳」の看板があるが興味が無い。巨石が落ちてきたら大変だ。


皆野町に入る。「満願の湯」に行こうとしたが行き過ぎてしまった。コンビニでUターンし市街地に入るがなんだか分らん、雰囲気的に右に行けばいいような感じかな。荒川を渡り信号を左折、あらちょっと違うみたい。またUターン。戻って先程の信号を左折すると「満願の湯」の看板が。しばし走ると又左折、そうしたら「満願の湯」の建物が見えた。

11時25分、到着。駐車場には多くの車が既に停まっていた。受付で650円払い入館する。(3時間)1Fの休憩室からは事前情報通りカラオケの大きな音が漏れていた。温泉施設でのカラオケは反対です。

泉質は単純硫黄泉(水素イオン濃度9.5)、低張性(塩分がないこと)、アルカリ性、冷鉱泉です。まろやかな感じがし温度もちょうどいいです。露天からの景色は緑の木々が迫っていて吹く風が気持ちいい。朝出てくる時、肌がカサカサ、ゴワゴワだったが入浴後はツルツルしている。塩分が少ないのでピリピリしない、超驚きである。

入浴後は2Fの休憩所で一休み。入り口近くのテーブルが空いていた。隣には20歳台の女性6人が座ってペチャクチャ喋っているテーブルがあった。そこに座りたい訳ではないが空いていたので仕方なく入り口近くのテーブルに座る。

横になるが女性達のお喋りで静かに眠れない。

12時40分、出ることにする。

先程間違った信号を左折し赤平川沿いの道を走る。

12時50分、「そば・花山」というの看板があったので駐車場に車を止め入店、もりそば(650円)を注文する。お昼時を過ぎているせいもあるが、営業の車が停まっていないのを見るとイマイチの店かしら。不味くはないが特徴が無いお蕎麦でした。

13時10分、店を出る。県道4号線をしばし走ると「左折・和銅大橋」の看板があったのでその通り左折する。国道140号線に出たので右折し秩父市内を目指す。このまま行くと山梨に出るらしい。

「秩父ふるさと館」にある「あいだみつおギャラリー」を見ようとしたが東京に移転してしまっているとのこと。残念、見たかった。もう見ることはないだろう。

13時20分、「ちちぶ・道の駅」に到着。しばし休憩&喫煙タイム。暑いので中で休もうとしたら座る場所が無い。あるのはレストランとお土産やだけ。仕方なく外の日陰になっているベンチで2服する。

駐車場の脇には「ちちぶの水」の水道口があったので飲んでみる。冷た〜い、ちょっと硬い感じがする。

13時50分、「道の駅」に「棟方志功作品を中心とした木の中の美術館・やまとーみゅーじあむ」のパンフレットがあったので行く事にする。

国道140号線に出て最初の信号を左折、しばらく走ると「羊山公園」の看板があったので右折。坂道を登ると駐車場が。日陰に停めようとしたが既に先客、4台は止められるのに一台が真ん中に、他の車が1台停めている。そのためやまちんの車は他の小さい日陰にとめるハメに。ちゃんと停めろよ。車を降り2,3分歩くと美術館があったが、火曜日は休館日とのこと。見たかったなあ、残念。

宿に行くには時間が早かったので、しばし風に吹かれながらたばこを吸う。

14時40分、宿に向うことにする。途中のスーパーで「ぐびなま」とチーズを買う。宿に向うが看板を見忘れ入り口を通り過ぎてしまう。Uターンし消防詰め所に看板を見つけたので細い道を入る。また看板を見過ごしてしまい細い道に。バックし左折し宿への道に戻る。情けない。



14時55分、やっと新木鉱泉旅館に到着。古民家風の造りです。宿の周りは畑。



丁寧な仲居さんに案内され2Fの「三峰の間」へ。


さっそく着替えお風呂場へ行くが誰もいない。ラッキー、いつものようにお風呂の写真を撮る。裸になり内湯に入る。先ほどの「満願の湯」と同じくまろやかな感じがする。温度もちょうどいい。

露天の樽風呂に入る。こちらもちょうどいい温度です。その後二つの小さい露天に入る。しばし風に吹かれながらぼ〜とする。

しばらくしたら日帰り客なのだろうか二人入って来た。その内二人の奥さんか誰かは知らないが脱衣所のガラス越しに話かけて来た。「なんだや」、と思い後ろを見たらその女性、タオルを巻いただけの姿だった。(下着を着けていたかは分らなかったが)

何考えているんだろ、女性でも「犯罪」だと思うのだが。

15時40分、お風呂をでる。部屋に戻り先程買った「ぐびなま」を飲む。美味しい〜。由紀江さんの「耳をすまして」を聴きながらくつろぐ。

17時20分、再びお風呂に入る、誰もいない。おほほ。貸切状態です〜。(^o^)丿

18時、夕食。普段やまちんが泊る宿と違って今回は美味しそうな料理ばかりです。いつもは約一時間後にご飯を食べるのに30分後にご飯を頼んでしまった。料理が余程美味しかったのでしょうね。ただ、料理を3分の2食べた段階でもう既にお腹が一杯になってました。

20時、布団の中に入るが眠れそうになかたので「アテンション・プリーズ」を見る。昔、「サインはV」の後番組で紀比呂子主演の同タイトルのドラマがあったな。(又古いネタ)役名も今回と同じ「美咲洋子」。上戸彩のドラマはどうしても見てしまう。^_^;

11時就寝、しかし蒸し暑いので眠れない。エアコンをつけ寝るが寒い。消す、またつける。その繰り返しで2時まで眠れず。


翌朝、5時半に起きる。ねむ。^_^;

昨晩のお客は5,6人の団体と夫婦2組そしてやまちんだけだったようです。

6時半にお風呂に入りに行く。誰もいない。20分ほど入る。


8時、朝食。1Fの大広間で取る。お味噌汁と茶碗蒸しは冷めていてちょっとガッカリしましたね。

8時50分、チェック・アウトしその後、国道140号線に出て走る。

9時05分、寄居皆野有料道路の入り口である大塚信号に着く。右折し有料道路を走る。トンネルを2つくらい過ぎたところの料金所で410円払い、再び有料道路を走る。9時15分、一般道と合流する。その後は何処にも寄らず一路藤岡を目指す。

9時50分、ほぼ予定どおり注射を打つため藤岡のくすの木病院に到着する。

近いのでまた泊りたいお宿ですね。泉質もいいし料理も美味しいし。
近くに和銅鉱泉旅館あります。以前は一人でも15、000円で泊れたようですが、リニューアル後は名前も「わどう」にし料金も少し高めに設定してあるので泊るには迷いますね

  06年6月 猿ヶ京温泉・御宿三河屋

6月6日(火)今回は一泊で我慢しました。猿ヶ京温泉、温泉街の手前にある「コープ・シャトー」は組合の会議で何度か泊りましたが温泉街のお宿に泊るのは今回が初めてです。

6日(火)、9時5分に自宅を太田裕美、高田みづえを聞きながら出発。今回は忘れ物は無し。

前橋、渋川経由で10時に子持村の「道の駅」に着く。30分ほどコーヒー&喫煙タイム。駐車場は平日なのに一杯でした。

猿ヶ京の「テルメ国境」に行こうと思ったが賛否が同じくらいの数。そんな訳で安全策を取り高山村の「いぶきの湯」に行くことにする。


11時、「いぶきの湯」に到着。管理人の方に「また、来ましたよ」と挨拶。「ゆっくりしていってくれい」と返事。300円を払い脱衣所へ。平日の為か浴槽には2人しか入っていない。ラッキー。「こんにちは」と挨拶して湯に入る。「うふ」、いいお湯です〜。(^o^)丿

先客の二人が日帰り温泉の話をしていた。「吾妻町の岩島にある天狗の湯がいいね」と話をしていた。メモメモ。一人が出て残った人と脱衣所で話をした。「月夜野の三峰の湯がプレハブだけれどいいよ。」と教えてくれた。メモメモ。いつか行ってみよう。12時まで休憩所で外の景色を見ながら横になる。

12時になったので出ることにする。管理人の方に「そこの広い道を行くと月夜野のどこら辺に出ますか」と聞くと、「10分ほどで17号のスタンドの近くに出るよ」と返事。じゃあ、せっかく聞いたのだから行くことにする。でも道が狭くなったらどうしよう。塩沢の時のようになったら、、、。それでも冒険好きなやまちん、車を走らせる。

昔「冒険」という歌が流行ったなあ。桜田淳子が「スター誕生」に決戦大会で歌った歌だった。元歌は「牧場ゆみ」さんだったかしら。(また古いネタ)「回転木馬」という歌もあったなあ。昔の記憶はバッチリ、最近の記憶はサッパリのやまちん。

歌を2曲ほど聴きながら走ったら17号に出た。早〜い。コンビニでサンドイッチと今夜のつまみを買い、道の駅「矢瀬親水公園」へ行く。駐車場でサンドを食べ、その後公園内を散歩する。水車や遺跡などがあった。歩いていたら暑くなった。

13時半になったので「月夜野ぴーどろパーク」へ行く。そこでガラス工芸品を見学。面白そうなグラスがあったが4000円、買うのをあきらめた。1000円くらいのがあったがイマイチ買う気がしない。

14時になったので猿ヶ京温泉へ向う。途中、赤谷湖畔で休憩。14時40分になったので三河屋へ行く。

日帰り温泉施設「まんてん星の湯」の隣に芝居小屋「でんでこ座みくに館」があるので撮影する。なにややどこかの一座が興行をやっていた。



宿に到着。




チェックイン後、部屋へ案内される。「勇泉の間」、6畳と3畳、そしてトイレ付き。思わず「広〜い」と叫んでしまいました。室内は綺麗です。ただトイレにはくもの巣の糸が垂れていたのが残念でした。安い料金設定だったのでバスタオルは無し。中庭にあった双体道祖神は可愛らしかった。


作務衣に着替えて人が来る前にお風呂場へ行き、浴槽などの写真を取る。畳敷きの洗い場のお風呂です。珍しい。滑らなくて年寄りにはいいかも。徳川の将軍様でもなったような気分です。ただ畳の上にお湯をかけるのは気が引けますね。

畳敷き、メンテナンスがしっかりしていないと衛生面で問題があるなあ。でもその点はちゃんとしているのだろう。(ちょっと不安がよぎる)

写真撮影後、お風呂に入る。内湯はやや熱めで、お湯が体にまとわりつく感じがする。大人4,5人入れば一杯の広さです。この位の空間が一番落ち着きますねえ。


露天はぬるめで長湯が出来ます。どちらもかけ流しです。露天も内湯と同じくらいの広さかな。体が温まったので一旦、フロントへ行き囲炉裏でたばこを吸う。ここはフロント、部屋、食事処は喫煙OKです〜。その後、部屋に戻りしばらく横になる。

外に出て写真を撮ることにする。玄関でゲタに履き替える。入れ違いにご婦人7名が入館。ゆえに騒がしい。

近所の「野の花畑」や「猿ヶ京温泉センター」、「関所跡」、「道路」を撮影。「猿ヶ京温泉センター」に入ろうと思ったが8日まで休館とか、残念。

17時になったので再びお風呂に入る。やはり女湯が騒がしい。静かに入ってくれい。

17時30分になったので部屋に戻り、廊下の冷蔵庫で冷やしておいた発泡酒を飲む。


18時、夕食の時間。食事処での夕食です。料理はごく普通のメニュー。取り立てて珍しいものは無かった。料金が安いので高望みは間違いか。小さい宿なので暖かい料理は温かい内に食べられるのは嬉しい。大きい旅館ならば望めないことである。

生中を注文、その後八海山を飲みながら19時までゆっくり食事をする。味噌汁が出なかったのは残念。

男6名のグループが多分プレイした今日のゴルフ談義をしている。「バンカーがどうしたの」とか「ドライバーがどうしたの」とか、ぎゃあぎゃあとダサイ話。そばで聞いていて「まだゴルフをやっているのかい」、と言いたかった。「ゴルフ」はもう流行遅れのような気がする。

部屋に戻ったら眠くなったので17時30分に布団の中に入る。11時に目が覚めそのまま3時ごろまで眠れずうつらうつら。


なんとか5時に目が覚め6時まで布団の中で過ごす。6時半にお風呂に入りにいく。朝一の風呂は気持ちいいわい。


8時に朝食。9時にチェックアウトする。10、460円の会計でした。アルコールを頼まなければ9、150円。どちらにしても安い。

連泊するしてもお昼は隣接した食堂でも食べることが出来るし、近くに温泉センターが二つもあるし、ちょっと足を伸ばせば法師温泉もあるし。次回は連泊しよう。

三河屋を出発。さて帰りは何処に寄ろうか。「リバートピア吉岡」にしようか「ユートピア赤城」にしようか迷いながら運転する。永井食堂を過ぎた時に「ユートピア赤城」にしようと決める。ここ永井食堂の「もつ煮が食いたい」^_^;

子持村から左折し赤城村に入る。踏み切りの手前を右折し直進するとそれらしい建物が二つある。「はーとふる赤城」と書いてある。こちらも入浴施設が併設してある。入ろうとしたが雰囲気が違うなあ。道に出て隣の建物に行く。あ、こっちだ。ちょっと紛らわしい。


「ユートピア赤城」へ行き、受付で500円払い2階の浴室へ。お湯はまあまあの泉質かな。お湯がやや体にまとわりつくって感じです。露天風呂からの景色がいいですね。公園とか利根川が見えて、眺めながらのんびりと出来そうですが、今回は20分ほど入って帰宅しました。

さて今回の三河屋さん、部屋は広いし綺麗で料理も思いのほか量もあり美味しかった。

「当たり」でした。(^o^)丿

洗い場の畳敷きについて三河屋さんから回答がありましたので載せます。

「ご参考までに・・
当館のお風呂の畳は完全耐水畳を使用しております。
人体等への有害物質等を一切含まない畳表、更に畳の内側には化粧品にも使用されている安全な薬剤からなる「バイオシート」でカビや雑菌の繁殖を防止している畳です。
毎日の清掃時・お客様入浴時にもお湯や水をかけて、水分を含んでも品質や衛生上、安心してご利用いただけます。
(日本アトピー協会からも推奨いただいているお風呂専用の畳です)
お客様に、心行くまでお風呂をお楽しみいただくために「安心と安全そして快適」に努めて生きたいと思います。」

  06年4月 四万温泉・柏屋旅館(再訪)

4月2日、3日に四万温泉・柏屋旅館に連泊してきました。9、975円*2泊、1、260円連泊割引で18、690円。

8時半、水筒に甜茶を入れて自宅を出発。とりあえず前橋に向う。利根川沿いの国体道路を走り出すと渋滞が始まった。50Kのところ悠々と40Kで走っているバカがいる。そのまま渋川のバイパスまで渋滞が続く。沼田への三叉路の信号に着くとその車はやまちんと同じく草津方面の車線に止まっている。旭川ナンバーのブルーバードだ。「みんな、気をつけろ」(長井秀和風に)信号が青になり、車線も2車線になったので迷わず追い越す。

子持村から中山峠を越え高山村に出る。5年ぶりに通ったら広く新しい道が出来ている。峠の休憩所でトイレ・タイム。そこの駐車場からやまちんお気に入りの「上毛森林カントリークラブ」が見える。ああ〜、ゴルフがやりたい。

たばこを一服し出発、また新しい道が出来ている。何処に出るんだろう。少し走ると「高山温泉ふれあいプラザ」の看板があるが、とりあえず泉質がいいと言われる「いぶきの湯」を目指す。国道145号線の信号を直進し、関越CCの矢印どおり左折する。少し走ると右折し川沿いの細い道を走る。前の車がのろのろ走る。こういう細い道は対向車が来ない内に、スピードを出し走り切るのが常識なのに、、、。対向車が来たらどうするのよ。すこしイライラする。突き当たりに小さい建物がある。


10時、「いぶきの湯」に着く。受付で300円払い、脱衣所で裸になりいざ浴槽へ。既に地元の人らしき二人が入っていた。10人ほど入ればいっぱいのお風呂です。お湯が湯口からジャンジャンと流れてかけ流しになっている。いいねえ。陽気が寒かったせいかややぬるく感じる。お湯が体に優しくまつわりついて来る、長湯ができそう。日当たりもいい。そうこうしている内に6人ほど入ってきた。地元の人達らしい。20分ほど入るといい気持ちになってきた。

着替えて管理の方に挨拶したら、その人は見覚えのある顔、Gさんであった。やまちん「おお」、その人も「おお」。やまちんが勤めていた会社の関連会社に勤めていた人であった。18年くらい前にその会社を辞めて、村内のゴルフ場で働いていた。あまり変わっていなかったので逆にすぐには分からなかった。しばしその方と雑談。


今来た道を戻り、「高山温泉ふれあいプラザ」に行く。500円(3時間)を払い浴槽へ。かなり広い。健康ランド的な施設。日曜だったので地元の方や遠くの方が多く来ていた。お湯は先ほどの「いぶきの湯」に比べあまり特徴が無い。20分くらい入り、休憩所で一休み。従業員の方がお酒をコップに入れて「無料です、いかがですか」と勧める。やまちんは運転なので仕方なくお断りする。残念。お腹が空いたのでソース・カツ丼(780円)を頼む。

13時になったので出発。受付時にもらった引換券でおまんじゅう(2個)をもらう。「指定管理者選定記念」とか書いてある。誰が管理者であろうと利用客には関係が無い。何処からお金が出ているか判らないが、こんな事に金を使ってもらいたくない。

「いぶきの湯」の外観写真を取り忘れたので、戻って撮影し中之条町へ向う。353号線に出て四万温泉へ向う。やや寒い。


14時、柏屋旅館に着く。受付を済ますと2階の奥の部屋へ案内される。昨年泊ったのと同じ「虹の間」である。6畳の部屋と1.5畳の続き間とちょっとしたべランダがある。誰も来ない内に三ケ所の無料の貸切露天風呂の写真を撮影する。これで一安心。








自転車で上の湯とおきなやの足湯に行こうと思ったが風が強く寒いので断念する。

作務衣に着替えて露天に入ろうとするが、先に来たカップルが別々に「月の湯」と「桜の湯」に入った。一緒に入ればいいじゃん。仕方なくやまちん、「楓の湯」にしばし入る。あまり特徴が無いお湯である。

樽風呂の「月の湯」に入りたかったので、そのカップルが出たのを見計らって「月の湯」入りにいく。雨が降ってきたので仕方なく蛇の目傘を差して入る。別のカップルが隣の「桜の湯」に入りに来た。若い女の方が遠慮なく大きな声でしゃべる。少しは男が注意しろよ。その内なにやら風呂場でイチャイチャしている様子。気持ちは分かるが、、、。

一旦部屋に戻り、コーヒーを飲みながら先ほどもらったおまんじゅうを食べる。ふと外を見ると川沿いの水門のバルブの下に野生のサルが2匹遊びに来ていた。

16時半、夕食まで我慢出来なくなり冷蔵庫のウメッシュを飲む。「ウメ〜ッシュ」

17時半、体が冷えて来たので内風呂「光の湯」に入る。露天に比べややぬるめであるがやまちん的には丁度いい。部屋に戻り本田美奈子の「Ave Maria」を聞きながら夕食が来るのを待つ。


18時10分、夕食。従業員の方が料理を説明するが忙しくド忘れして困っている様子。顔が倉橋ルイ子さんに少し似ていたかな。
やまちん「気にしなくていいですよ、食べれば分かりますから」とやさしく気を使う。女性に対するその優しさ、人生未だに効果なし。
ビールを飲みながら一時間かけてゆっくり食事をする。料理の量は大きな旅館に比べ少なく、大食漢の方には物足りないがやまちんはこれで十分。ヘルシーでいい。うなぎの蒸し物があったがお箸しかなかったので食べにくかった。スプーンがあれば良かったなあ。

21時、眠くなったので布団に入るが顔がほてって眠れず、また隣の部屋のカップルが「キャッキャ」と言って騒いでいる。おかげで未明までうつらうつら。


翌朝、4時半に目が覚める。頭がボケ〜としている。そのまま5時半まで布団の中。起きてお茶を飲む。隣への嫌がらせの意味も含めて6時から「朝ズバ」を見る。窓の外はかなり風が強いようだ。

7時半、内風呂に入る。泊り客に若い人が多いせいか、早くから朝風呂に入る人は少ない。


8時、洋食を食べる。宿で焼いたパンがさめていた。その後しばらくテレビを見る。

9時40分、みぞれ混じりの小雨が降り出して来た。これでは自転車で外湯巡りは出来ない。ふと窓の下を見たらチェック・アウトをしたであろう若い女性二人が宿の駐車場へと歩いている。「ありゃま、お近づきになりたかったわん」。


10時、みぞれまじりの小雨の中、奥四万湖畔にある「こしき湯」に行く。受付で400円払い脱衣所で裸になり浴槽へ。5人ほど入ればいっぱいの小さなお風呂。すでに2人が入っていた。ぬるめで当たりは柔らかく、優しくまとわり付く感じ。窓から見える四万湖を見ながら長湯が出来そうです。しばし休憩所で休み外に出るが、相変わらず風が強く寒い。

11時、宿に戻り一休み。雨・風・みぞれが強いので自転車で外に出られない。お腹が空いたので昨日もらった残りのおまんじゅうを食べる。空調の工事をしているらしく暖房が効かない。

12時半、体が冷えてきたので内風呂に入り体を温まる。部屋に戻るが相変わらず暖房が効かないので、冷えないように布団の中に入る。

14時半、ようやく暖房が入る。つづき間でカップ・コーヒーを飲みながら「子ぎつねヘレン」のサントラを聴く。日は出ているので窓際は割りと暖かい。対岸にある「四万清流の湯」は寒いせいもあり人が少ない。

15時、窓の下を焼きまんじゅうの移動販売車が通る。テレビをつけたら森村誠一さん原作のドラマ「人間の十字架」を再放送していたのでつい見る。温泉に来て何やってんだか。見終わった頃、外は風が止んでいた。

17時20分、内風呂に入りに行く。寒いので露天に入いる気がしない。今夜は一人宿泊の方がやまちん以外に3人いる様子、女性が二人かな。うふ。
部屋に戻りビールを飲み出す。


18時、夕食。昨日と同じくゆっくりと食事をする。廊下がなにやら騒がしい。外人さんのお客に同行の人が説明をしている。

21時、眠くなったので布団に入る。朝まで熟睡でした。(^o^)丿

5時半に目が覚めお茶を飲み、6時から「朝ズバ」を見る。今日は外は晴れて風も無く天気も良さそうである。悔しい。ああ〜、日程を一日ずらせば良かったわ〜ん。

7時、朝風呂に入り体を温める。


8時、和食を食べる。

9時にチェック・アウトし宿を後にする。帰りは東村から伊香保に行く道を登り、一旦左折し渋川へと出る。草津・万座方面の雪をかぶった山々が見える。榛東村の自衛隊の前を通り、「群馬・やすらぎの湯」の前に出る。温泉に入りたかったが眠くなったのであきらめる。帰宅したのは11時ちょっと前。

季節のいい頃にまたお泊りしたいお宿でした。(^o^)丿


アンケートに「料理の説明は献立表があれば口頭での説明は不要です」「レンタル・サイクルがあればうれしいな」と書いてきました。

  05年12月 伊香保温泉・洋風旅館・ぴのん(再訪)

01年泊まって印象が良く、HPの料理の写真を見ていたら我慢できなくなりま12月13日、行ってきました。

9時34分北藤岡発の八高線に乗る(480円)。電車から見ると子持山と小野子山の山頂はうっすらと白くなっている。しかしこれから向かう榛名山は雪の「ゆ」の字も無い。

10時23分高崎発の上越線に乗る。八木原に近くなると日陰には白いのが残っている。高架の下では事故処理のパトカーが止まっていた。関係者の方、ご愁傷様です。44分渋川に着く。

10時53分発・伊香保温泉行きのバスを待つ。チェーン脱着のため5分遅れでバスが停留所に着く。市内の日陰には白いものがうっすらと雪が残っていました。
乗降客は少なく、観光客となるとやまちんの他は同年代の女性一人。その方は伊香保温泉の手前のグリーン牧場で降りてしまった。この寒いのに何の用事があるのだろう。
11時20分、見晴下で550円を支払い降りる。降りた客は途中から乗った若い女性とやまちんだけ。その女性、日帰り施設「黄金の湯」へ行ってしまった。一緒に行けばよかった、残念。


11時30分になったので、ぴのんへ「夢見亭なランチ」(1050円)を食べに行く。約一時間、美味しい料理を食べながら滞在する。会計をしようとしたら、従業員の方が先客に観光、道案内の説明をしていたが、その間長く感じた。他にも会計をしようとしている客がいるのだから、話を途中で区切って欲しかった。

その後、保科美術館で時間つぶしに行ったら休館中。



仕方なく坂道を登り、本通りに出て坂道を下り、「竹久夢二記念館」に行く。入り口で2100円を払い、まず本館・黒船館を見学。3年前、訪れた時は観光客が多くいたので、ゆっくりと見ることは出来ませんでした。でも今回はシーズン・オフで人も少なくゆっくり見学できました。
記帳用ノートがあったので、「やまちん」名で感想を書いてきました。他の方の記帳で「別れた夫と二人で来ました。思い出になりました。」と気になる書き込みがあった。2時少し前まで滞在。

その後、「オルゴール館」に入館。ちょうど2時からオルゴールの視聴があるとの事で一人で説明を受けながら聴く。途中で若い女性二人が説明に入ってきた。24,5才かな。(女性を見ると何故だか24,5才に見えてしまう)何処に泊まるんだろな、ちょっと気になる。



儀山楼(ぎやまんろう)に入館。ここは記念館を建てた方が集めたガラス細工の展示をしています。説明役の女性とやまちんの二人だけになってしまった。ちょっとドキドキ。明治・大正時代に作られた細工品とのことです。中にはウラニウムの粉で作られた物もあるとか。人体に影響はないとの事ですがちょっと怖いです〜。

2時50分になったのでぴのんに向かう。既にフロントには一組のカップルがいたので、一緒に説明を受ける。



部屋に行きさっそく浴衣に着替え、はおりを着て歩いて2分にある松本楼に行く。男風呂は8Fに。「黄金の湯」そして「しろがねの湯」に入る。体が冷えていたせいもあったのか、熱く感じる。
しばらく入った後、露天に移る。ドアを開けたら風が冷たいこと、冷たいこと。あわてて「しろがねの湯」に入る、「ぬる〜い」と叫ぶ。じゃ〜と隣にある「黄金の湯」に入る、こちらも「ぬる〜い」。我慢出来なくなり、内湯にあわてて戻ろうとするが、足をどこかにぶつけてしまった。
内湯でしばらく体を温め、また露天に行く。しばらく入っている内に体が少しずつ温まってきた。冷たい風に頭を冷やしながら、4時半ごろまでゆっくりと浸かる。

ぴのんに戻り、ここでは定価販売のビール500mlを、由紀江さんを聴きながら飲む。

6時、食事処へ行く。前菜は「カニとカリフラワーのムースタンバル、かもの燻製、キノコとまいたけのテリーヌ」、お魚「鯛・ほたて・えびの三種、春菊のソース」、お口直し「赤ワインとりんごのゼリー」、メイン「牛ホホ肉の煮込み」そしてごはんと味噌汁と漬物。デザート「ブッシュドノエル、フルーツのスープ、バニラアイスのマッシュルームの仕立て」。プラス2100円で「上州牛のステーキ」もしくは「伊勢海老のカレー風味ソース」に替えることが出来ますが、今回はそのまま。





白ワインを飲みながら、窓の向こうの雪景色を見ながら、また本田美奈子のアルバム「アベ・マリア」を聞きながらゆっくりとした時間を過ごす。特にお魚は食べるのが勿体ないほどの作り。本当に至福の時間でした〜。


食事中、クリスマス・ソングが流れていた。一人で来るのがバカらしい。でも仕方ない。

7時に部屋に戻り「なまり亭」を見る。眠くなったので8時少し過ぎにベッドに入る。

5時過ぎまで爆睡・熟睡する。「せっちゃんのなめこ汁」でも飲みに行こうと、本館2Fのお風呂でも入ろうかと思いましたが体がぼ〜としていたので今回は断念。


7時40分、食事処へ行く。「手打ちおきりこみ鍋」「たまご焼き」「さしみこんにゃく」「かれいの西京漬け」「千切り山芋」「春雨サラダ」「ごはんと漬物」「番茶」。
卵焼きが暖かかったのは嬉しい。大きな旅館ではまずありえない。

8時50分、チェックアウト。外は意外と暖かい。伊香保グランドホテル前の停留所へ行く。観光客の車だろうが、反対車線を走って対向車とぶつかりそうになった。気をつけろ。

9時13分、スカイランド経由・渋川駅行きのバスに乗る。来たのと違うルートだけど、まあいいか。乗ってから後ろを見たら、先ほどの車がT字点を右折したのはいいが、反対車線に入ってしまっている。通常、考えられない走行です。こんなドライバーは免許取り上げてくれい。


9時50分、渋川駅発高崎行きの上越線の電車に乗ろうとして2番ホームに立つ。そうしたら駅舎の向こうには、どこかで聴いたような名前のホテルが建っていた。耐震偽造建築のホテルでした。

10時34分発の八高線の電車に乗り、帰途に着きました。

暖かい季節になったら、又行こう。とにかく美味しい料理に満足、満足。



HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日