NEW!由紀江さんのコンサート&アルバム
由紀江さんのコンサートの模様です。

HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日



12年5月26日(土)、鎌倉シーサイドピアノコンサートが開催されました。

14時、鎌倉プリンスホテルに到着。
待合室で由紀江さんの曲を聴きながらウトウト。
カップルが結婚式の打ち合わせだろうか、何組も来てスタッフと打ち合わせをしていた。
15時20分、Bさんと合流。お土産を貰いました。(^_^)/
一階のロビーへ行き、コーヒータイム。(^_^)/

Img_1452

16時、バンケットホールへ戻って、カクテルを貰う。
飲んでみたらちょっとキツイ。もったいないが半分残す。(^_^;)

Img_1453

40分、ようやく会場への案内が始まる。
D2列5番に座る。いい席です。(^_^)/
50分ごろから会場はシーン。
17時、始まらない。10分、ピアノ演奏で「上を向いて歩こう」が流れた。

15分、由紀江さんが登場。
「シーサイドピアノコンサートVol.14〜ねえ、上を向いて〜」が始まる。
(今回はメモをしないので曲名は割愛)

「この会場にる5人にの椅子の下に、音階を書いた紙が貼ってあります。見てください」と。
みんな一斉に椅子の下を見る。
「ド」、「ミ」、「ラ」、「シ」、「ソ」の紙が貼ってある人が5人いました。
「大阪から来ました」と男性。「岩手から来ました」と女性。

「じゃあ、ド・ミ・ラ・シ・ソで曲を作ってみますね」と即興で曲を作る。

数曲演奏後、由紀江さん「目を閉じて下さい。私が開けて下さい、と言ったら目を開けて下さいね」と。
目を閉じる。何やら金属音がする。「はい、目を開けて下さい」と言ったので目を開けたら、
異様な感じがする男性がステージに金属の鉢?こすりながら持って立っていた。

男性はパーカッション奏者の山口ともさん。
由紀江さんとは「101回目のプロポーズ」の頃、コンサートで知り合ったとか。
その後、2曲ほどコラボで演奏をする。

二人のコラボが終わって、また由紀江さんの演奏。

ラストは「i・no・ri」。アンコールは初披露の「出会い」。

18時55分、コンサートが終了。



10年5月8日(土)、鎌倉シーサイドピアノコンサートが開催されました。



16時、会場。
ドリンクサービスが始まるが今回は車で新町駅まで来ているのでハーブティーを貰う。


今回のカクテルです。「ひだまり」をイメージしているとか。


その後、コンサート会場へ移動。「D−22」に着く。

17時、開演時間だが始まらず、5分、スタッフの男性が水を譜面を持ってきた。
そんなのは開演時間前にしなさいよ。

10分、ようやく由紀江さんが黄色いドレスで登場。

「われは海の子」で始まる。今回はメモをしないので記憶が頼り。
その後、「しあわせの花」を演奏して由紀江さんの挨拶。

「この鎌倉コンサートには色々な思い入れがあります。事務所から独立して間もない頃、
色々な方から暖かいメッセージを貰いました」と。
そして「このコンサートに何回くらい来ましたか?」、「じゃあ、控えめに5回以上は?」。
やまちん5回目だったので手を上げる。
「じゃあ、10回は?」、何人か手を上げる。由紀江さん「おお、凄い」。
由紀江さん「では、12回全部来た方は?」数名が手を上げる。他の観客が拍手をする。
由紀江さん「私が拍手しなければいけなかったわね」とボケる。(^o^)丿

由紀江さん「それでは初めての方?」、10人くらいが手を上げる。

由紀江さん「今回、譜面集『誰でもショパン』を発売しました。右手を使うときは左手を休めて、
左手を使うときは右手を休めるように作りました」。「ピアノに触れたい人は是非、読んで下さいね」

由紀江さん「あ、そうそう。秋にはアルバムを出します。あれ、これ言っちゃいけないんだよね。
ごめんなさい。出したいと思っています。いや、出ればいいなあ」と。

その後、「Esplanade」など懐かしい4曲演奏。

今回のゲスト、ルクプルの藤田恵美さんを紹介する。
「『日曜はピアノ気分』とほかに一回テレビで御仕事をご一緒しましたが、それ以来の友達です。
テレビ以外でお仕事するのはこれが初めてですよね」、藤田さん「えっ、何々。ゴメンなさい。聞いてなかった」。
由紀江さんが説明するが藤田さんは理解しない様子。この二人、本当に友人なのだろか。^_^;

その後、藤田さんが「イン・マイラ・イフ」を歌唱。
http://www.youtube.com/watch?v=q52zbIGIIIA


藤田さんは現在アジアでの活動をしていて、現地で由紀江さんのことも話題になっているとか。
そこで6月に香港で由紀江さんと、藤田さんのジョイントコンサートが開催されるらしい。

その後、藤田さんは「ひだまりの詩」を手話で歌っているというので、サビの部分を皆で練習する。

♪あなた 愛してくれた すべて つつんでくれた まるで ひだまりでした♪

そして本番。なんとか出来ました。(^o^)丿
この歌はドラマ「ひとつ屋根の下」の挿入歌。のりピーを思い出してしまいました。^_^;

その後、由紀江さん作曲の「優しい風」に藤田さんが作詞した歌を歌うことに。
由紀江さん「自分の曲に誰か詩をつけて歌ってくれるのを待っていました」と。

藤田さんがマレーシアへ行く飛行機内で作ったとか。しかし行く時は「アバター」を見てしまい、
帰りの飛行機で必死で作ったとか。由紀江さん「アバターに負けたか〜」と。
出だしのキーをアイコンタクトするが上手く行かない様子。^_^;

藤田さんが「優しい風」を歌う。

由紀江さん「今度は自分が作った曲で自分が歌いますね」と。しかし会場から笑いが。
由紀江さん「なんで可笑しいの?」。会場からまた笑いが。
由紀江さん逆ギレして「そうよ、そんな人たちなのよ」とひがむ。(^o^)丿

藤田さんが東京電力のCMソング「OMOIYARIの歌」を歌う。
http://streaming.tepco.co.jp/cm/eco/index-j.html

あ、いつも聞いている歌だ。ずっと誰が歌っていたか気になっていた。
多くの小中学校の生徒から「思いやり」について言葉を頂き、それを元に作った歌とか。
その後、藤田さんがステージを降りる。

その後、由紀江さんがクラシック「月光」「別れの曲」など4曲を演奏。
しかしクラシックは他の演奏者に任せて、由紀江さんは由紀江さんの曲を演奏して欲しかった。

NHKアーカイブで使われている曲を演奏。

その後、「砂漠の光」「フロンティア」で本番終了。

アンコールは「ビタミン」と今回のテーマ「ひだまり」にあわせて「ひだまり」を演奏。
終了は18時50分。
やまちんの予定していた時間をオーバー。お陰で鎌倉駅で一汽車乗り遅れてしまいました。^_^;





09年4月25日 鎌倉シーサイドピアノコンサート



16時、ラウンジでカクテルサービスが始まる。今回のテーマカラーはブルーということ。タイトルは
「見果てぬ夢を探して」。甘くフルーティな、梅酒とグレープフルーツをベースに未来への夢を表現した。


オープニング曲は「テネシー・ワルツ」、「扉をあけよう」

由紀江さん「シーサイドコンサートにようこそ。西村由紀江さんです。私はずっと晴れ女だと思っていましたが、
ご覧のようなお天気になってしまいました。今日はとても残念です。悔しいです。今年一番の大荒れです。
朝来た時、私何か悪いことをしたかな。遠くから来て頂いた方は顔はにっこりですが心はがっかりだと思います。
でもちょっとやんで来たよねえ。雨にも負けず風にも負けず、暖かいコンサートをしたいと思います。
最後までお付き合い下さい」

「ひだまり」、「手紙」、「TUNAMI」

由紀江さん「『ひだまり』、『手紙』、そして海にちなんだ『TUNAMI』を演奏しました。今回もステージのテーマ
カラーを決めました。ブルー、まずは自慢の衣装。今日は初めてこの衣装を着ました。(会場から拍手)
先ほどドリンクを飲まれた方気がついたと思われますが、カクテルもブルーを基調にしました。
タイトルは「見果て夢を探して」です。ミント茶もブルーを基調にしました。
ここのステージは集中力がありますね。ここで10秒くらい咳タイムを設けますね。」と全員が咳払いをする。

「今年で11回目のステージをやらせていただきました。昨年「独立をします」と言いましたが
もう一年が経ちましたね。事務所を立ち上げる時は「やるぞ」と思いながら、どうなるか分からず
夢の中にいるようでした。私はみかけによらずせっかちなので、応援してくださる方から、事務所名の
「モデラート」のように「中ぐらいの速さ」で歩いてくださいという励ましをいただきました。
とても嬉しかったです。秋にはアルバムをリリースしようと考えています。」

「皆さんに応援していただいて幸せです。この幸せをお分けしたいと思います。それでは『しあわせメドレー』
ということで4曲演奏します。」

全労災のCMソング「しあわせの花」、「しあわせのかたち」、お客さまからタイトルをもらった
「ちいさなしあせから始めよう」、「あなたに最高のしあわせを」

由紀江さん「中国からの演奏家を紹介しますね。」と揚琴(ようきん)奏者の顧偉良(グ ウェイ リャン)
さんを紹介する。そして顧偉良が揚琴で草原をイメージして曲を演奏する。

由紀江さん「草原をお馬が駆けて行くイメージでいいですか?」、「遊牧民族をイメージした曲です。」。
由紀江さん「お正月に中華料理屋さんで顧偉良の演奏を聞いて、知人を通して紹介され『4月25日は
空いてますか?』と来たらOKを貰いました」。日本に来て20年になるとのこと。

揚琴はインドから伝わった明時代の楽器とのこと。由紀江さん「打ち合わせに家に招いてもらいました。
そこでワンタンスープを貰い、そしてえ吉さんのリンゴジュースを貰いました。「吉さん」とは吉幾三さんでした。」
吉幾三さんと同じ事務所とのこと。

顧偉良さんが「雪国」の原曲を演奏。その後、揚琴らしく「雪国」を演奏する。
「なるほどねえ。音が伸びるのはいいですね。ピアノは音を止めればそのままですから」

由紀江さん「聞いていたら私もやりたくなりました」と、「花」を少し演奏したが失敗。
由紀江さん「えへ、間違えちゃった」との表情。会場は爆笑。そしてやりなおして大成功。
そして「世界をめぐる旅をしましょう」と顧偉良さんの揚琴とコラボで

「乙女の祈り」、「雨にぬれても」、「ゴゼットのタボット」、「蘇州夜曲」、「ゴッドファーザー愛のテーマ」
「朧月夜」

由紀江さん「揚琴では普段は聞かない曲ばかりですね。もう一度「ゴゼットのダボット」をお願いしますね
と顧偉良さんにねだる。

「見果てぬ夢を探して」を揚琴とピアノのコラボ演奏する。

由紀江さん「揚琴は五線譜では無くて全部番号なんです。それを何時間もかけて五線譜を揚琴用に
直してくれました。それでは次の曲です。昨年放送されたドラマの主題歌となった、『肉体の門』のテーマ曲を
演奏しますね。」

「肉体の門」のテーマ

続いて

NHK「アーカイブ」のテーマ曲「未来からの贈り物」、「風に向かって」、

アンコールは「誕生」

18時35分、コンサート終了。




07年5月12日 鎌倉シーサイドピアノコンサート



16時30分、ドリンクサービスが始まる。今回のオリジナル・カクテルははオレンジ色の
「あなたが輝くとき」。
通路から2番目「Hの22番」に座る。17時42分、白いドレスの由紀江さんが登場。

オープニングは
〜誕生〜

「みなさん、こんにちは。西村由紀江です。このコンサートは今回で9回目になります」
「こんなにやるなんて想像もしていなかったです。これからもよろしくお願いします。」
「これから3曲連続で演奏しますので、いつものように途中での拍手は要りませんよ。」

〜素敵にモーニング〜
〜手紙〜
〜いつまでも〜

「さてここで咳タイムです。」「2月から3月にかけて音楽担当をすることになった、この秋公開される
「まゆ〜こころの星〜」の曲を書いていました。それが終わったら来月発売される「あなたが輝くとき」の
製作をしていました。コンサートの後半にご披露しますので楽しみにして下さいね。」
「それと今度本を出すことになったのね。『支える文庫』からの出版になります。この出版社は
活躍する女性を対象にして行こうということで、私が第一回の出版に選ばれました。
小さい頃の話とか、苦労話などを書きたいと思っています。でも決して暴露本ではありませんよ。」(^o^)丿
「来月発売のCDは2枚組になります。1枚は『あなたが輝くとき』、もう一枚は『趣味悠々』での
レッスン曲が収録されていますので楽しみにして下さい。」趣味悠々でのレッスン曲を演奏

〜そよかぜの誘惑〜
〜クロス・トゥ・ユー〜
〜サテンドール〜
〜ロミオとジュリエット〜
〜オーバー・ザ・レインボー〜

由紀江さんが聴いたことのない曲を演奏。突然、後方から男性の歌声が、テノール歌手の
佐野成宏さんが登場する。「佐野さんとは13年前にある番組を通じて知り合いになりました。
イタリアで活躍する日本人ということでオペラ歌手である佐野さんをレポートすることになりました。
でもイタリアという所は時間におおざっぱで撮影が進まないのよね。」
佐野さんがオペラの裏話をする。「イタリアのオペラは朗々と歌っているが本当は非恋、失恋の歌が多いです」、
「女性のオペラ歌手は自分の歌に夢中になってしまい、立ち位置を忘れることが多いです。
緞帳の真下だと大怪我をするので、我々男性歌手は女性のいる場所と緞帳が下りる場所を見て、
女性が危ない位置にいると抱き寄せています。」^_^;

「佐野さんは若い頃、フォークが好きだったとかで、じゃあ歌ってもらいましょう」、
「それではさだまさしさんを歌いましょうか」。「さだまさしさんの歌は暗い歌が多いですよね、
でもその中で唯一明るい歌を」、と由紀江さんがさだまさしさんの「道化師のソネット」を演奏。
すると佐野さんがすかさず
♪笑ってよ〜君のために〜、笑ってよ〜僕のために〜♪と歌いだした。

由紀江さん「おお、素晴らしい、じゃあ今度は」と「季節の中で」を演奏。
♪めぐる〜めぐる季節の中で〜、あ〜なたは、何を見つけるだろう〜♪と歌う。

由紀江さん「これも素晴らしい」、ここで由紀江さんが佐野さんのCDを床落とす。
「あ、見なかったことにしてね」(^o^)丿

佐野さんが「カタリ・カタり」を歌う。

由紀江さんさんの「i・no・ri」の演奏に合わせて佐野さんが力強く歌う。その後、佐野さんが退場。

映画「まゆ〜こころの星〜」から
〜「星がきらめくように」〜
〜どうして〜

バックのカーテンが赤く演出され、演奏も激しく情熱的になる。

〜あなたが輝く時〜

バックのカーテンが緑色に演出される。聴いていたら目頭が熱くなっていました。

由紀江さんが退場。そしてアンコールの拍手。佐野さんと一緒に登場して
〜オー・ソレミオ〜

19時09分、やまちんのすぐそばを通って由紀江さんが退場。あっという間の一時間半でした。



07年3月21日 高崎市民文化会館でのコンサート


前から8番14列に座る。15時05分、開演。白と赤のチェックのドレスで可愛く登場。

オープニングは
〜あなたに最高のしあわせを〜

「高崎のみなさん、こんにちは」と挨拶をする。01年12月22日、文化会館2階のプラネタリウムでの
コンサートの話をする。「あの時はコンサートが終わり客席を見たら、リクライニングの席だったので
ほとんどのお客さんは上を向いていましたね」、「今日はお子さんが多いですね。
私は曲を作る時は外にいる時が多いです。ピアノの前だと視界が狭くなりいい曲が作れません。
景色を見ていると音符が出て来るんですよ」と話す。
「これから3曲連続で演奏するので、ここで「咳」タイムを設けましょう。咳をしてくださいね」、
会場からは咳が。「花粉症の季節ですからね。ピアノの仲間で花粉症の人がいるんですけど、
演奏する時は鼻水が垂れてくるので辛いそうです。私も花粉症ですけど今年はまだ大丈夫です。」(^o^)丿
「では、3曲続けますので拍手の心配はしなくていいですよ」

〜素敵にモーニング〜
〜風のスキップ〜
〜木漏れ日の中で〜

「いい景色を見ると思い出す場所があるんです。それはザルツブルグです。」訪れた時の村人たちの話をする。
「ザルツブルグと言うと子供の時に見た「サウンド・オブ・ミュージック」が印象に残っています。
最初のシーンはヘリからの空撮で、草原が一杯にひろがっていてその中に1人の人が写しだされます。
段々ズームインしていくとマリアがいて歌いだす。感動しました」と言って演奏。

「サウンド・オブ・ミュージック」メドレー」
〜エーデル・ワイス〜ドレミの歌〜私のお気に入り〜サウンド・オブ・ミュージックのテーマ〜

「私ね、だるま弁当のファンなんですよ。群馬の横川には釜飯がありますが私はだるま弁当のファンです。
釜飯は無くなったと聞いていますが、だるま弁当の方が美味しいと思う方は手を挙げてくださ〜い」
会場からは多くの手が上がる。

「上毛かるたで遊びましょう」と言って上毛かるたを出す。「駅で買ったんですよ、これ面白いですよね。
皆さん知っているか試しますね」と言って、由紀江さん「では初級編から、伊香保温泉」、会場「日本の名湯」。
由紀江さん「スゴイ」。由紀江さん「もう一つ、碓氷峠の」、会場「関所跡」。由紀江さん「おお、スゴイ」。
「今度は中級編、ろうのう」、会場「ふなづでんじへい」。「みんな良く知っているのねえ。ではもう一つ、
「心の灯台」、会場「内村鑑三」。「うわ〜すごいのね。いつからかるたをやっての」と会場に聞く。
「え、小学校一年から。へええ」、由紀江さん感心する。
カルタに書いてある注意書きを読む。「不平不満があっても相手には直接言わない。もしあれば審判に対し
正々堂々と発言せよ」。「あはは、面白い」と笑う。

かるた取りの情景をピアノの演奏で表現をする。

「ピアノを始めた理由は隣の子が誘ってくれたから始めたのね。私は手が小さいから上手くはなかったんです。
手を伸ばしても1オクターブがやっと。だから手が大きい人が羨ましかったです。」
「最初のレッスンは「ドレミ」で曲を作る練習をしました。1人の子が「ドレミ」、次の子は「ドミレ」、
次の子は「ミレド」という風につなげていくのね。8人いれば8小節、10人いれば10小節の曲が
出来上がります。ではドレミを使って曲を演奏しますね」と言って演奏する。

「私は子供の頃は引っ込み思案だったの。友達に話しかけようと「あの、あの」と言っている間に、
他の子が「遊ぼう」と言ってその子を取られたの。だから友達はあまりいなかったのね。
その時私を癒してくれたのがピアノでした。8歳の時に作った曲が「ひとりぼっち」、「冬の厳しさ」、
「今日もお留守番」、「暗い日曜日」でした。暗い子だったんですねえ」。当時8歳の時に作った曲を演奏。

〜孤独姫〜

物語の朗読コーナー、「くらげのおつかい」を朗読。物語に合わせて曲を演奏する。

その後、プログラムには無かった
〜オルゴールを聴きながら〜を演奏。

「昨年、「趣味悠々」という番組を担当しましたが1回でも見てくれた人は手を挙げてください」、会場から
多くの手が上がる。「ありがとうございます。それでは一回目の時に人差し指一本で演奏した曲を」と言って
「ワン・ノート・サンバ」を演奏する。

会場からは拍手が。「指一本の演奏で拍手をもらえるなんて嬉しい」

「次にリズム遊びをしましょう。」と言って「あんたがた どこさ」を演奏。「演奏に合わせて手拍子をして下さい。
ただし「さ」は抜いてね」と言って演奏する。「おお、素晴らしい。子供の頃にこの歌を歌いながら、
ひたすらマリつきをしていたのよ」

「次は音の強弱に合わせて手拍子を変えてくださいね」と言って演奏。

「次は会場を二つに分けますね。」と言って真ん中に座っている子供の名前を聞く。
「奈々子ちゃんね、可愛い名前。では奈々子ちゃんチームは会場の左側」、隣に居た青年の名前を聞く
「のりゆきさんね。では会場の右側はのりゆきさんチーム」

「では、最初のゲーム。奈々子ちゃんチームは「あんたがたどこ」は右手で左肩を叩いて、
「さ」で拍手。のりゆきさんチームは胸の前で右腕と左腕を交差して「あんたがたどこ」で
それぞれの肩を叩いて「さ」で拍手をしましょう」、そして演奏。

「さあ、次は高度ですよ。奈々子ちゃんチームは「あんたがたどこ」は右手で頭を触り左腕を伸ばしましょう。
そして、「さ」で拍手。のりゆきさんチームは右腕と左腕を交差して「あんたがたどこ」で
それぞれの膝を叩いて「さ」で拍手をしましょう」、そして演奏。「うわ〜、スゴイ光景です〜」と言って笑う。

7月に公開される映画「まゆ、こころの海」の音楽担当をすることになって曲が出来上がったばかりだという。
「今夜は9時から「子ぎつねヘレン」が地上波で初めてテレビ放送されるので見てくださいね」と
言って演奏。スクリーンに映画のシーンが映し出される。

〜明日を信じて〜
〜くじけないで〜
〜風に向って〜

「最後の曲は『i・no・ri』。世界の平和への祈りを込めて」といつもより長く間をとり

〜i・no・ri

アンコールで再登場。上手(かみて)から出てきた女の子が花束を渡す。花束を受け取り握手し
由紀江さんは女の子に手を振ったが、女の子は振り向きもせずに一直線に舞台袖に引き下がった。
会場から少し笑い声。「あの子、花束を渡す直前まで直立ではなく椅子に座って硬くなっていたんです」
と優しい声をかけてあげる。

「アンコールの曲名は言いません」と言って

〜上を向いて歩こう〜


今日も心が温まる由紀江さんのコンサートでした。(^o^)丿



06年5月13日、 鎌倉シーサイドコンサート

16時30分、奥の会場でドリンクサービスが始まる。今回はカクテル「耳をすまして」を注文。
色はグリーン、少しミントをきかせてあり味にふくらみあります。なんてね。

外の景色を見ながらカクテルを味わいながら飲む。

飲み終わったのでテーブルにグラスを置き、隣のコンサート会場へ行こうとした人だかりが出来ている
テーブルがあった。CDと楽譜を販売していた。「耳をすまして」と「新・やさしく弾きたい人のために」
の二冊を購入。

(4980円)さあ、買ったはいいがやまちん、譜面は読めんピアノは弾けぬ。どうすんの、どうすんのよ。

コンサートの会場に入る。約300人くらいの会場。

やまちんの席は「Hの5」、前から8番目左から5番目。17時35分、会場には拍手が起きる。

由紀江さん登場です。おや、真ん中の花道にはいない、どこなの〜。あらら、今回は左の通路からの入場でした。
近くでお顔を見られたのに、残念。衣装は長袖の白いブラウスと白いスカートの上に、グリーンのレースの上着を
着ていました。爽やか〜。やまちんの花粉症も直りそうです。うふ。

「ささやかな幸せ」でコンサートが始まりました。

「今回のテーマ・カラーはグリーンにしました。カクテルもグリーンだったでしょ。」

「窓の向こうを走る江ノ電を見ながら楽しんでくださいね。」と由紀江さん。

「旅」、「素敵にモーニング

深呼吸し「誕生」を演奏。3曲の演奏が終わり由紀江さん、「皆さん静かですね。ちゃんと息をしてくださいね。

あまり静かなので、一音でも間違っちゃいけないと思い緊張しちゃいました〜」と茶目っ気たっぷりに話す。

「このシーサンド・ピアノ・コンサートも今回で8回目を迎えましたが、3回以上来られた方はいらっしゃいますか?」
、手が上がる。

「おお、いっぱいいますねえ」「じゃあ、5回以上の方は?」、手が上がる。

「おお、こちらもいっぱいいますねえ」「じゃあ、8回全部来られた方は」、10人くらい手が上がる。

「ありがとうございま〜す。じゃあ、初めての方は?」、10人くらい手が上がる。

「来年も来て下さいね」と由紀江さん。やまちん二回目なので手を挙げるチャンスが無かった。残念。

ここで近況報告ということでラジオ大阪では4月から、「ふんわりタイム」という番組が放送開始されたとのことです。
番組の中で「おかしいんちゃう」というコーナーがあり、普段「これおかしいんちゃう」と思った事を紹介したり、
「趣味悠々」というコーナーでは簡単なピアノ・レッスンをしているとのこと。やまちんも教わりたい。

次に過日亡くなられた宮川泰さんの話になりました。

由紀江さんが新人の頃、「自分やスタッフに気安く声をかけて下さったり、緊張をほぐすため冗談を言ったり
してくれました。」「6月には宮川さんと組んでコンサートも計画していました。
それでは宮川さんにちなんだ曲を演奏しますね」。

「恋のバカンス」、「宇宙戦艦ヤマト」、「逢いたくて、逢いたくて」の3曲を演奏。

「宇宙戦艦ヤマト」では思わず口ずさんでしまいました。

ここでゲストの紹介。フルートやピッコロ、リコーダー、オカリナ、更に篠笛、ケーナ等の演奏家でいらっしゃいます
旭孝さんを紹介します。」ここで旭さんが登場。

「旭さんは主にスタジオ録音に参加されて私もお世話になっています。」旭さんも「こちらこそお世話になっています。」
とお辞儀の仕合。会場は笑いの渦に。旭さんのこの道40年以上のベテランで多くの楽曲に参加をしているとのこと。

ここで今回持参してきた楽器を披露してくれる。フルート、いくつもの長さの違う管を巻いたようなパンフルート、
オカリナなどを紹介。

楽器によってはフルートで「ド」の音を出す指使いが他の楽器では「レ」になるとかでそれを聞いていた由紀江さん、
「へえ、「ド」が「レ」になってしまうなんて私には出来ないわ〜」と。

特に篠笛は難しいと旭さんは説明する。「またパンフルートは曲調に合わせて管を巻くので12個必要です」と。

ここで数ある旭さんの参加楽曲のうち3曲を由紀江さんのピアノとのコラボ演奏。「もののけ姫」(篠笛)、
「ゲゲゲの鬼太郎」(ミニリコーダー)「ああ〜面白〜い。鬼太郎のような可愛い曲を必死で吹いている
旭さんを見ていたら噴出しそうになっちゃった〜」と由紀江さん。

そして3曲目は「万里の河」(篠笛)

やまちん、「万里の河」は感慨深く聞いておりました。この歌はもう25年位歌っていて十八番の歌です。
もし願いがかなうなら由紀江さんのピアノと旭さんの篠笛をバックに♪遠〜く、遠〜く、何処までも遠〜く、
流れる河で〜♪と熱唱してみたいです〜。

由紀江さんのピアノと旭さんの数種類の笛のコラボで

「耳をすまして」、「手紙」を演奏。

「手紙」では由紀江さんが主旋律になったり旭さんが主旋律になったりした。

「こんな形での手紙の演奏は初めてです」と由紀江さん。演奏後旭さんが退場する。

退場した後由紀江さんは「打ち合わせの時、手紙の演奏後は退場していただく予定です。

と旭さんに説明したら、じゃあ、僕はさっさと歩かないといけないですね。さもないと皆さんいつまでも
拍手していないといけないから、と心配してくれました」。ここで会場は笑いの渦。

次に「遠くへ行きたい」のロケの話。安野光雄さんと「子ぎつねヘレン」の作者竹田津 実さんを訪ねその時
感激した話をした。

餌付けしたリスを見るため、朝5時に竹田津さんを訪ね一緒に森の中に入る。餌場に近づくとリスに気づかれない
ように由紀江さんは小声になった。ところが竹田津さんは大声で「普通にしゃべりなさい」と言った。また餌場に
由紀江さんが近づいた時に「抜き足差し足」状態になった。その時も竹田津さんは「普通に歩けば動物達は警戒
しないよ。」と由紀江さんに言った。
由紀江さんは「それじゃあ、普通に歩きます」。と行って歩いていったら、リスは警戒するどころか由紀江さんを
無視して餌を食べ続けていたという。由紀江さん曰く「自然は難しい」。

「くじけないで」、「見果てぬ夢を探して」を演奏する。ステージのカーテンが下りて照明がブルーに変わる。

「ささやかな幸せ」を演奏。「ここでコンサートは終了です。アンコールはしないと決めてましたが、これでは終われませんよね。」と

「また会おうね」を演奏。>今回も由紀江さんの人柄、やさしさ、暖かさを感じながらのコンサート。
一時間半という短い時間でしたが「至福の時間」でした。

今日13日は由紀江さんを見ながら、コンサートを楽しみたいと鎌倉まで来ました。
ところが斜め右前に座った男性がコンサート終了するまで頭をかしげたり、もたげたりして頭を固定させていなかった。
そのため、やまちんは男が頭を動かすたびに同様の動きをしなくてはならなくなった。この男眠いのかな。
「眠るなら来るな〜」。と頭をひっぱたきたくなりました。



5年5月7日 鎌倉 シーサイド・ピアノ・コンサート
初めてのシーサイドピアノコンサートです。興奮して金曜の夜は眠れませんでした。
3時半に会場到着。4時半開場、ワンドリンクサービスだったのでオリジナルカクテル「しあわせのかたち」を飲む。

360人入れる広さの会場です。やまちんの席は前から8番目、「Hの18番」ちょっと恥ずかしい番号です。

舞台にはピアノとハープがセットしてある。ハープ奏者は由紀江さんと同じ位に美人かしら、と想像。男の人がハープを調律している。そのうちマイクを握り「みなさん、ちょっと打ち合わせしましょう。8日は由紀江さんの誕生日です。コンサートの後半に私がせ〜の、と言いますので皆さんは♪ハッピバースデイトゥーユー♪を歌ってください」と。

10分遅れで始まりました。すぐそこに由紀江さんが、、、。

〜扉をあけよう〜

挨拶

〜笑顔に会えたら〜
〜手紙〜
〜あなたに最高のしあわせを〜

「向こうの電信柱に止まっている鳥がみえますか。とびです。歩きながら食べているととびに取られますから注意したくださいねえ」

デビュー20年を迎えた話

ホームページ解説の話

リクエストコーナー

「映画音楽が多いですねえ」と

〜ロミオとジュリエット〜
〜追憶〜

周囲から難しいから反対され逆にやる気になった
〜ヤングマン(ボサノバ風)〜

オリジナル曲のリクエスト

「「海は夢を見ている」は三年前にシーサイドコンサートで演奏しただけです。」他の曲にまつわる話を少し。
それではコンサートでは演奏したことが無い曲です。「海は夢を見ている」から。

〜海は夢を見ている〜
〜DAI・SHI・ZEN〜
〜波雲〜

演奏し終わったあとで
「ごめんなさい。「海は夢を見ている」は演奏したことがあったのよね。演奏し始めてから気がついて、あどうしよう、と思っちゃった。」
とお茶目に話す。

「ゲストを紹介します。ハープ奏者の淺川友之さんです。」ありゃ、さっきの男の人だあ。
ハープとピアノとの競演が始まる。ピアノの演奏にハープがついて来られるか、逆にハープの演奏にピアノのがついて来られるか勝負。由紀江さんは先ほどの失敗で頭が真っ白の様子。由紀江さんの負け〜。

〜Cloce To You〜
〜しあわせのかたち〜

来年公開される映画「子狐ヘレン(仮名)」の音楽を担当することになった話。

〜君が思い出になる前に〜

〜どうして〜
〜風に向かって〜

〜星と話す夜〜

アンコール

二人が登場〜。ここで打ち合わせ通りの合図。

そしてみんなで
♪ハッピバースデイトゥユー、ハッピバースデイトゥユー、ハッピバースデイ、ディア由紀江さ〜ん、ハッピバースデイトゥユー♪
の合唱。

ちょっとビックリの由紀江さん。うれしそうで、照れくさそうな由紀江さんでした〜。

そして二人の演奏で、、、。

〜月の光〜

至福の一時間半でした〜。(^o^)/
来年も来ましょ。

  

01年12月22日・高崎プラネタリウムでのコンサート

12月22日に高崎文化会館でコンサート。ハラシンさんからの情報でチケットをゲット。待ちきれません。

当日、夜7時からだというのに5時に会場到着。並ぼうと思えば一番でしたが長時間立っていられないので10人くらいきたところでやっと並ぶことにした。チケット購入時、館員の方から右の方がいいですよ、と言われていたので右の前から三番目に。

「きよしこの夜」続いて、「あなたに最高の幸せを」で演奏がはじまった。そして2年前に公演した時のお話。館員の人から名産だと言われ黄色いプチトマトを貰ったとの事。赤いのとどちらが美味しいのかとお客に聞く。また、高崎名物「だるま弁当」と横川の「峠の釜飯」では、「だるま弁当」の方が味がしみこんでいて美味しいと。皆さんはどちらがおいしいですかと。ところが、地元の人はあまり食べる機会が少ない。

ここで旅をして、思い描いたとして「旅」「ひだまり」を演奏。
プラネタリウムの装置を利用しての、「オリオンとアルテミス」のお話。天井が星空に変わり星座が映し出される。

オリオンに捧げる「手紙」の演奏。
ここからはリクライニングを倒して聴いて下さいと。お言葉に甘えて椅子を倒して聴いていた。

続いて「めぐりゆく季節」「ゆれる心」「前進」の演奏」

そしてクリスマスメドレー。

そしてラスト「i・no・ri・」

アンコールで「見上げてごらん夜の星を」

とても温かみのあるコンサート。一時間の短い時間でしたがほっとした感じがした。

今回のコンサートで一番うれしかったのは「手紙」を生で聴けたこと。いつか聴いてみたい曲だったので、涙が出るほどうれしかった。(実際涙が出た)今とっても幸せな気分




  01年2月12日 埼玉県・花園町でのコンサート

2月11日、初めての由紀江さんのコンサート。胸がドキドキ。まるでお見合いに行くかのように。「あなたに最高の幸せを」で演奏開始。その後「風が生まれる瞬間」を中心に進行。途中、地元の民話を元にお話。「あんたがたどこさ」で観客とのお遊び。ホールの中に由紀江さんと観客との暖かい雰囲気が伝わる。そしてNHK「水の世紀が始まる」のテーマを演奏。最後は「誕生」で。

握手したいがために、読めぬ譜面を買って握手をしてもらった。
小さく暖かい手でした。
ずっと握りしめていたいほど、、、。

HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日