お芝居大好き
20年前から演劇を見始めました。

HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日

  お芝居ベスト5

〜上海バンスキング〜

オンシアター自由劇場
吉田日出子主演

戦前の中国上海。バンドマンとその婚約者まどかの夢と現実に生きた物語。

「ウェルカム上海」「月光値千金」など吉田日出子さんのアンニュイな歌声が印象的でした。
カーテンコールの後の劇団員の演奏に感動。ステージからフロアへ移動しての演奏が心に残る。全員が演奏に関してまったくの素人であった事を知り、またびっくり。


〜おりき〜
文化座
鈴木光枝主演

戦中の信州の山村に生きる老婆「おりき」とその周りに生きる人々の物語。

戦争中の離れた家族を思う、切なさを感じるお芝居であった。戦地に赴く兵隊とおりきの会話など心が痛む。
いくつか戦争中の題材とした舞台を見るが、あんなことはもう二度と起こしてはいけない。戦争を起こした人たちと、戦地で無念の死を迎えた人たちと同じ場所に奉るのはどうかと思う。


〜欲望という名の電車〜

エイコーン企画
栗原小巻、伊東孝雄主演

ニューオーリンズの下町に妹ステラを訪ねてきたブランチ。彼女にはもう行くところがなかった。上品な育ちのブランチにはこの町に違和感を感じる。ステラ夫婦と住むことになったブランチ。ある日ブランチはステラに告白する。全てを失ってここに来たことを。ステラの夫スタンリーはブランチのことを良く思っていない。ふとしたことからスタンリーはブランチがこの町にたどり着くまでのいきさつを知る。この町に、この国にブランチの生きていく場所はあるのだろうか。アメリカは一人の女を引き裂いてしまった。

小巻さんの熱演に圧倒された。何年も前から見たい舞台だったので念願がかなった。比較する意味で杉村春子さんのブランチも見ておくべきであった。


〜俺たちは天使じゃない〜
フォーリーズ

山奥に逃げ込んだ三人の脱獄囚が、ある山荘に逃げ込んだ。そこで一家心中をしようとした一家を助ける。親戚に騙され、希望を失ったという。その訳をきいた彼らは一家の代わりにその親戚に反撃をする。涙あり、笑いありのシテージ。

充子役の横瀬龍子さんがよかった。劇中歌の「さーびしさにひとーりで、眠れぬ夜更け〜。そんな〜時だれか〜来る、マーチ鳴らしながら〜」がとても気に入ってしまった。素顔もきれいな人でした。


〜クラクションを吹き鳴らせ〜
民芸
伊藤孝雄、樫山文江主演。

交通事故に巻き込まれ、グルグルと包帯巻きにされた男が別人に間違われ一騒動する。

お腹が痛くなるほど笑った作品。と同時に痛すぎて泣いた作品。民芸は飾らず、肩がこらない作品が多いから楽に見ることが出来る。

  最近見たお芝居の感想

〜幻の光〜

南 果歩一人舞台

昨日私は32歳になりました。兵庫の尼崎から、この奥能登の曽々木という浜辺の町に嫁いで来て丸三年が過ぎたから、あんたと死に別れてかれこれ7年になるんです。

南の語りで始まる1時間半の一人芝居。主人公のゆみ子は民宿を営む自宅の海の見える二階の部屋で、死んでしまった夫に語りかける。最初は単調だったため10分ほど眠ってしまった。その後はなんとか集中して見ていたが、やはり一人芝居は難しいものだと感じた。たとえ演技がうまくとも、やはり演じる者の「味」がないと人を惹きつけられない。以前小沢昭一の「唐来参和」を見たが、笑いあり涙ありで飽きないで見ることができたが、この芝居は一回見ただけでは評価は出来ない。この芝居の見所は、ひし型の変形した窓から差す光、下からの海を連想させる揺れ動く光。なかなかの演出であった。
一人芝居だったので、舞台装置も少なかった。だが、スタッフの段取りが悪くバラシに時間がかかってしまった。約50分。ちとかかり過ぎ。
この芝居で興味を持ったのは、舞台が奧能登の曽々木という地名。輪島から車で20分くらい能登より。59年に能登半島を一人旅した時通った、海岸だけの町だったと記憶していた。夏から秋への能登半島。そんな季節だった。


〜罠〜

五五の会

山本学、大空真弓、金田龍之介
名高達郎、赤座美代子、山辺久三

演出  高橋昌也

友人の山荘を借りた新婚夫婦が喧嘩して妻が家出、夫は警察部長刑事に相談。やがて神父に付き添われて妻が帰ってくるもののその妻を夫は妻じゃないと言い、妻は夫が狂ってると言う。
事態の究明に乗り出す部長刑事。飲んだ暮れの絵描き、そして女医の登場で事件は難解に、、、。

労演の例会では珍しい、オールスターキャスト。大抵この手の出し物は期待はずれが多いのだが、これは違った。それぞれ個性のある俳優陣。これだけ揃えば舞台がバラバラになるものだが、演出の腕かな、協調し合っているよう。17年前に見たときは笑った印象がなかったが、今回は笑う場面が多かった。2時間半が短く感じた。ただ最後刑事部長の決めゼリフが長かったような気がして間延びしてしまったかな。前回見たときはピタッと決めた記憶があるのだが、、、。
刑事役の金田さん。御年いくつになるか分からないが、声に張りがありセリフが聞きやすく、また重味を感じ、この芝居ではなくてはならない存在。また何年かのちに見てみたい舞台だった。
またこの芝居のもう一つの見所は、窓の向こうのスイスの山々(もちろん絵だが)。これがなかなか見事。芝居そっちのけで観てしまいました。
舞台装置が凝ってまして、壁・柱・階段に手すりなど本物の木。当然といえば当然なのだがあまりにも多すぎて、「バラシ」が大変。なにせ重たい。発砲スチロールで誤魔化せばいいのにと前回同様思った。お陰でお尻の筋肉がつってしまった。


〜春〜
安達祐実、佐野史郎二l芝居

とる別荘。そこに服は焼けてボロボロ、体には火傷の跡がついている男がいた。なにやらパトカーを気にしている。記憶を失っているよう。そこへ女が買い物をして帰ってきた。こちらも何やらあやしい。男から逃げて来たと言う。男は自分が誘拐されてここにいるのではないかと思う。女は焼けかかった男を救ったと言うが、、、。

二人のなま舞台を見るのは初めて。佐野は期待したとおりの出来。期待はずれだったのが天才子役といわれた安達祐実。早いセリフや、主語述語を逆にしたシャベリが災いしたためか、いくつかトチッた様子。また設定も男から逃げてきた女、それも妊娠。声も低く抑えられていていつもの祐実ちゃんではない感じ。配役がこの二人以外ではとても全国を回れる出来ではない。ただ二人に頼っている作り。音響も最低、音がでかすぎる。。何回も公演しているのだから、その位分かるだろうに。見ていて疲れた。セリフに「同情するなら、金をくれ」というのがあったが、これはイカン。受けを狙ったパクリではないか。舞台女優としては安達祐実をまだ認められない。役者は舞台装置に溶け込まないといけないと思うが、彼女はまだその域に達していなかった。テレビの演技と舞台の演技とは違うことを改めて知らされた感。帰りにチラシを持って帰ろうとしたがもう無かった。やはり人気はあるのだろうが、、、。


〜小さき神のつくりし子ら〜

俳優座劇場

アメリカのある州立ろう学校。教師ジャームスは卒業生で今もここで働くサラを紹介される。サラはジャームスの教えを拒む。やがてサラは心を開いてゆく。そして二人は一緒に暮らしはじめるが、、、。

出来はよかったが、ステージと客席がバリアーに隔たれていたように感じた。ステージ上だけで舞台が進行していき客席は取り残されていたようだった。手話で芝居していたので視線が指先に行っていた。もう少し工夫すれば観客も一体になっていたと思うと残念になる。パンフレットの写ってるサラと、舞台のサラがまったく別人のような感じ。


〜三人吉三巴白浪〜

前進座

主人から預かった百両をなくした男は切腹。それが元で息子はグレ、盗人お坊吉三を名乗っている。その百両がきっかけでお嬢吉三、和尚吉三と巡り合う。ところが悪事を重ねてきた三人には、本人にも知らないはある因縁がからんでいた。

「月もおぼろに白魚の、かがりもかすむ春の宵、、、こいつあ春から暑Nがいいわえ」。有名なセリフ。はじめて舞台で聞いた。さすが前進座。すきのない舞台をつくるわえ。お嬢吉三役の「国太郎」さんはいい芝居をする。



〜はだしのゲン〜

木山事務所
田中美幸主演

56年前のの広島。ゲン一家は貧しいながらも明るく暮らしていた。そんな一家、広島にあの日がやって来た。8月6日午前8時15分。原爆が投下された。ゲンは運良く直撃を避けたが、姉は柱に打ち即死、父と弟は柱の下敷きになり、生きたまま炎に巻かれて死んだ。母親はそのショックでゲンと逃げる途中道端で出産する。そんな二人に黒い雨が、、、。

最初、期待していなかった。元気で速い進行に戸惑ったがすぐに慣れた。原爆投下後のシーンでは鬼気迫るものを感じた。いい時期に言いお芝居をみた感じがした。「この子らの夏」と同じ何度もで再演を望む。


〜雪国〜

地人会
篠田三郎、床島佳子主演。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。島村は再び湯沢の駅に降り立った。宿で島村はある女を待っていた。半年前ここを訪れた島村は駒子という芸者に出会った。清潔な印象であった。そして今夜酒に酔った駒子が座敷に入ってきた。行きずりの恋を通そうとする島村。逆に駒子は、、、。

篠田のクールな縁起と情熱的な床島の縁起が空回りしているようであった。地人会の公演だったので期待していたが、大ハズレ。堅苦しい出来になっていて、何かぐっとくるものがなかった。「飢餓海峡」以来演出の木村さんの腕が落ちたような気がする。次回作を期待したい。


〜しのだづま考〜
京楽座
中西一也主演(一人芝居)


いま流行の「安部清明」のお話。陰陽師・安部保名は芦屋道満に職を奪われた父の名誉回復を願い、信太の森(しのだのもり)の大明神に月詣でに行く。そこで狐狩りに追われた女狐を救った。だが、そのために父を道満の弟に殺され、自分も傷つくが村娘「葛の葉」に助けられる。やがて二人の間に童子丸が生まれる。ある時葛の葉は本当の姿を童子丸に見られる。断腸の思いで信太の森へ帰る。やがて童子丸は成人し安部清明を名乗り、母から貰った超能力で出世し末代まで栄えた。

中西さんの舞台はいつも気合が入っていて、見るこちらも気合が入ってしまう。先日友人から「清明神社」のお守りをいただいた。そのいわれをこの芝居で知ることができた。

  最近見たお芝居の感想

〜黄金色の黄昏〜
俳優座
中野誠也

ある銀行に収賄の捜査がはいった。支店長宅にも捜査が。だが入って来たのは捜査員一人。個人的な用で来たという。自分の娘とこの家の息子が交際しているという。この事件をきっかけに、父、妻、長女、長男、母親の離れかけた家族が一つにまとまりはじめてゆく。家族の再生を予感させる演劇を山田太一が描く。

俳優座の芝居ということで身構えていたが、10分でその必要でなくなった。笑いありの芝居であった。
「悪いことには、いいこともついて来るのよ。」母親役のセリフが印象的あった。


〜幸せの背比べ〜
NLT
黒柳徹子主演。

アメリカのある大邸宅、そこの寝室。ベッドでいまにも死にそうな女が酸素マスクをかけている。傍らには家政婦の女。弁護士事務所から来た女があれやこれやとしゃべっている。ベッドの女が発作を起こす。2幕でベッドの脇には三人の女が。それは10年前、52歳、26歳の時の女主人であった。三人は思い思いに人生を問いただし肯定、否定しながら「人生の最高の時を」自問してゆく。

ああ、いいお芝居であった。「もしあなたもこの人と同じように、必要とされないほど長く生きてしまったら。」のセリフにドキンとした。
徹子さんのなんと早口でエネルギッシュの演技。テレビでは言えないセリフのオンパレードが続く。「、、、」とか「、、、」とか。ご想像におまかせいたします。


〜みすず凛々〜
劇団えるむ

童謡詩人、金子みすずは昭和5年、26歳の時、自らの命を絶った。みすずは何故死を選んだのか。どんな生活がみすずの死の背景にあったのか。舞台はみすずの足跡を訪ねるドキュメントの形で進む。

金子みすずの名前はどこかで聞いた記憶があった。進行する中でみすずの詩が紹介される。自然を主人公とする詩である。ある時本屋で詩集が目に入った。みすずのであった。家で読んで見たら心が和むものばかり。


〜トラップ一家物語〜
イマジン
柏原芳恵、山内賢主演。

サウンド・オブ・ミュージクの舞台版。内容は省略。
芳恵ちゃんと子供たちの歌声に感動した。子供向けなので2時間の短い舞台だったが良かった。もう30分長ければ、もっと内容の濃い芝居になっていたのに、それが残念。また見てみたい。

  映画も大好き

映画にはまったきっかけ
高校卒業後、長野県上諏訪に赴任した。そこにはレジャーというものがなかった。そんな訳で溺れたのはお酒と映画。ここでは印象に残った作品、思い切り泣いた作品をご紹介します。


〜砂の器〜

ああ、と思われる方も多い作品。テレビの特集でも日本映画の3位にランクされた作品。

病の父親と村を出ることになった少年。苦難の旅のすえたどりついたのは亀嵩という村。そこで親切な駐在と出会う。父親と別れることになった少年だが、彼は父親をさがしにこの家をでる。成人した少年は音楽家になる。そこへ当時お世話になった駐在が、、、。

映画のサントラも買ってしまった。ビデオも30回以上は繰り返しみてしまった。音声消してもセリフが言えるようになれるほど。

後半の一時間は涙出っ放し。音楽家のコンサートと捜査会議が同時進行。少年と父親の苦難の旅が描かれる。「宿命」の曲が涙をさそう。


〜ラスト・コンサート〜

落ちぶれたピアニストが、病院に行った。一つ前には少女が。少女が診察を終えて、男が入った。医者は少女の父親と勘違いし、少女の病名を告げる。白血病だという。男は気がかりになり少女とかかわりあう。男は少女に聞かせるためにピアノの練習に取り組む。そしてコンサートが開かれる。舞台の袖には死期をさとった少女が、、、。

泣きました。音楽も良かった。


〜鉄道員(ぽっぽや)〜

定年間近の鉄道員。今までのことが回想される。
生後間もない子供の死。そして妻も。ある雪の日ホームにいたら見知らぬ子供がいた。「今6歳、今度一年生になるの」と言い指差し確認の真似をする。夕方、こんどは人形をかかえた少女。「いま12歳、今度中学生になる」といって人形をおいたまま駅舎を出て行く。夜、今度は高校の制服を着た少女。近くの家に遊びに来ているという。遅いのでその家に電話するとそのような子はいないと言う。ふと振り返るとその子は駅員の帽子をかぶって敬礼している。「お前は、、、。」駅員は絶句する。

ダビングしたテープを見たら、最初の女の子が出た途端、涙してしまった。健さんはやっぱり渋い。


〜アンドリュー114〜

ある家に買われたロボット、アンドリュー。感情を持たないはずであったが、家の人に仕えているうちに感情を持つようになった。長女に恋をするようになる。でも相手は人間。やがて彼は自分探しの旅にでる。

永遠の命と愛を引き換えにしたアンドリュー。最後は恋する女性と永遠の眠りにつく。


〜フィールド・オブ・ドリームス〜
普通の生活をしていたレイ。ある日ある声を聞いた。「それを造ると彼はやってくる」
「彼の苦痛を癒せ」「成し遂げろ」声の言うとおり行動した。その結果レイはある人と出会う。

最後主人公と父親がキャッチボールをするシーンで涙。父親「ここは天国かい」息子「いいや、アイオワさ」ここでも涙。


〜ディープ・インパクト〜
惑星が地球にぶつかる。惑星を破壊しようと宇宙に飛び立つ。

破壊できなかった惑星を壊すために宇宙船ごとぶつかるという。女性乗組員とその子の別れのシーン。泣きました。


〜フォー・エバー・フレンズ〜

貧しいながらもエンターティナーを目指す少女CC。金持ちだがどこか寂しさが漂う少女ヒラリー。そんな二人が浜辺で出会う。夢叶わずクラブの歌手になっているCCの所へヒラリーが訪ねる。二人は一緒に暮らし始めるがやがて二人別々の暮らしへ。歌手で成功したCCの元へヒラリー危篤の知らせが入る。残り少ない命と悟ったヒラリーは娘をCCに託す。

女性必見の名画。主演のベット・ミドラーの歌がすばらしい。最後のシーンではやはり涙が、、、。


〜ショコラ〜
ジョゼッペ・ベルトナーレ監督作品

ある村に着いた母子。そこは戒律の厳しい村。母親はチョコレートを作り始める。村人は次第に彼女に興味を。だが村長は不快に思う。そんな村にある事件が、、、。

「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」と同じような感動。ほのぼのとした感じ。



HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日