NEW!やまちんはこんな人
恥ずかしながらやまちんの自己紹介。

HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日

  これが温泉旅人、やまちんです

写真は藤岡市猪ノ田温泉、久恵屋旅館さんの内風呂です。

年齢

不詳
こころは少年、体は中高年(悲しい現実)

いる所

群馬


趣味

映画を見ること
お芝居を観ること
スワローズの応援
一人で温泉宿に泊まること
金子みすずさんの詩を読むこと
美味しいラーメンを食べること

好きな女優

若村真由美
栗山千明
加藤貴子
福田麻由子

ゴールディ・ホーン
ケイト・ブランシェット


好きな歌手

倉橋ルイ子
「夜のヒットスタジオ」で「ガラスのイエスタディ」を聴いて以来のファンです。

あさみちゆき
井の頭公園の歌姫。「井の頭線」を聴いてはまってしまいました。

中島みゆき
谷村新司
柏原芳恵
伊藤咲子
石川ひとみ
熊谷育美

好きな音楽

西村由紀江さんのピアノ


好きな言葉

どんな時も「のぞみ」を持つこと。


吸っているたばこ


二十歳から吸ってます。
売っている店が少ない。


乗っている車

WISH
シートが高く設定できるので、腰痛もちのやまちんにはありがたい。



  やまちんの立ち寄り湯記録

写真は旧宮城村、あいのやま温泉。

千湯(藤岡市)
金井・鮎川の湯(藤岡市)
吉井温泉・牛伏の湯(吉井町)
吉井町ドリームセンター(吉井町)
ゆ〜楽(富岡市)
倉渕村福祉センター(倉渕村)
スーパー千湯(高崎市)
一休(前橋市)
関越トロン保養センター(松井田町)
東村温泉センター(東村)
沢渡温泉・共同浴場(中之条町)
四万温泉・清流の湯(中之条町)
しゃくなげの湯(利根村)
寄居山温泉(片品村)
加羅倉館の湯(片品村)
花咲の湯(片品村)
沼田温泉センター(沼田市)
宝川温泉(水上町)
洞元荘(水上町)
湯テルメ(高崎市)
湯宿(新治村)
まんてん星の湯(新治村)
法師温泉(新治村)
六合村温泉センター(六合村)
前橋駅前温泉・ゆ〜ゆ(前橋)
七福の湯(前橋)
富士見温泉・ふれあいの湯(富士見村)
風和の湯(月夜野町)
白根温泉(片品村)
小住温泉(川場村)
湯都里(高崎市)
峠の湯(松井田町)
あいのやま温泉(前橋市)
いぶきの湯(高山村)
高山温泉ふれあいプラザ(高山村)
こしきの湯(中之条町)
湯の道・利休(吉岡町)
ゆーとぴあ赤城(赤城村)
天神の湯(高崎市)
望郷の湯(白沢村)
長英の隠れ湯(六合村)
応徳温泉 くつろぎの湯(六合村)
石段の湯(伊香保町)
嵐の湯(伊勢崎市)岩盤浴専門
サンエイの湯(旧箕郷町)
高崎温泉 さくらの湯(旧不動かくれの湯)
湯ま〜る(伊勢崎)
猪ノ田温泉・久恵屋旅館(藤岡市)
かんな川温泉・白寿の湯(神川村)
アカシヤの湯(神川村)
満願の湯(皆野町)
かんなの湯(旧アカシヤの湯)
湯端の湯(高崎市)
利休前橋南店(前橋市)

街道の湯(湯沢町)
アクエリア(塩沢町)

中の湯温泉(安曇村)
浅間温泉共同浴場(松本市)

  印象に残るセリフ・所作

〜小さいおうち〜

「つまらない使い方をするもんだ、君を人殺しに使うとは、、」

召集令状が来た部下に、上司が言うせりふ


〜ペコロスの母に会いに行く〜

「ボケるとも、悪いことばかりじゃ、ないかもしれん」

認知症の早親を使節に入所させた息子が
亡くなった夫や、幼友達を思い出している母親を見ていうセリフ


〜舟を編む〜

「筆にしたのかよ〜」

主人公の男が好きになった女性にラブレターを書いた。しかし和紙に筆字だった。
それを見た先輩の言葉

思い切り笑ってしまいました。


〜はじまりのみち〜

「あなたは映画に戻りなさい」

空襲を避けるため、疎開先の田舎に一緒について来た息子にあてた母親の言葉


〜みなさん、さようなら〜

「大丈夫。あんたは生きていける」

周りから変な子と言われながらも、その子供を信じ、暖かく見つめる母親のセリフ
やまちんにもそんな事を言ってくれる人が欲しい。(^^;)

〜図書館戦争〜

「お前の言っていることは正論だ。
でも正論を武器にするのは正しくない」

自分も時々正論を武器にしちゃいます。(^^;)



幸せへのキセキ

「必要なのはたった20秒の勇気だ。
ほんの20秒だけ恥をかく勇気を持てばいい」

息子が女の子に告白出来ないのを見ていた父親がいうセリフ。
やまちんは何秒必要なのだろう。(^_^;)



戦火の馬

「人生には大切な日と、そうでない日がある
大切な日でない日はただ過ぎ去っていく
でも今日は、、大切な日だ」

農耕馬を買いに行った父親が、サレブレッドの馬を気に入り買って来た。
しかし地主からは小作料の催促があり、作物を作って売る金が必要になる。
そこで息子は馬を調教することになり、馬に語りかける。




黒部の太陽

「偉い人は最後まで責任を取らないから、、
負けると分かっているのに、、」

黒部ダム建設を請け負った大手建設会社下請け社員の、
トンネル掘削で亡くなった作業員の婚約者の女が言ったセリフ。

元勤務先でも新製品を売り出すために大金をかけ、それが不発に終わっても誰も責任を取らなかった。
売れないとみんな分かっていたのに、、。(-.-)





〜ジョゼと虎と魚たち〜

「あんたがおらんようになったら、迷子の貝殻みたいにひとりぼっちで
海の底をゴロゴロ、ゴロゴロ転がるんやろな。ま、それもいいやろ」

別れを予感するジョゼの切ない気持ちが伝わります。(^_^;)

他に印象に残るセリフが一杯

「トカレフちゅうのんは、買えんのか?」
「殺す気か?」
「心配せんでええ。血はよう洗っておる」
「あの雲、持って帰りたいわ〜」
「ホンマに帰るんか?」
「夢見そうに怖い」
「旅にはゆで卵やろ」
「海に行け、海が見とうなった」
「貝殻も泳いでるで」
「深い深い海の底から泳いで、あんたとこの世で一番エッチなことをするために来たんや」




〜阪急電車〜

「泣いてもいいのよ。でも自分の意思で涙を止められるような女になりなさい」

電車内で大声を出す男に、連れていた女の子が泣いたことに対して祖母がいう言葉。
やまちん、50を過ぎても自分の意思で涙を止められません。(^_^;)




〜八日目の蝉〜
「ママ、もう追いつけないよ〜」

不倫相手の男の赤ん坊を誘拐した女。
その子を4歳まで育てるが、祭りの写真が全国紙に載り警察が迫るのを予感する。
そして夜逃げ同然で港へ急ぐが、、。

ラスト10分間は涙でした。主演は井上真央ではなく永作博美だろうな。





〜ジーン・ワルツ〜

「奇跡ってねえ、みんなが思っているより、ずっと頻繁に起こっているのよ。
特に赤ちゃんの周りではね」

台風で停電する中、病気で体が不自由にも係らず出産を手伝った院長のセリフ。

代理出産をする55歳の女性、体外受精をした39歳の女性、家族から見放され妊娠した若い女性。
それぞれの出産が同時に起きてしまう。そしてそれぞれに奇跡が起きる。




〜空中庭園〜

「今度生まれ変わったら、アンタをちゃんと育てるから、早く死ね」

いつも笑顔を絶やさない絵里子。だが彼女には家族にしていた母親との秘密があった。

ちょっと怖かったキョンキョンでした。(^_^;)




〜カケラ〜

「欠けていても月は綺麗だよ」

男に都合よく利用されるハル。ある日、「愛に男も女も無い」と主張するリコと出会う。
性格も生き方の正反対の二人だが惹かれあう。

何処か欠けている二人だった




〜きみがくれた未来〜

「無意味な奇跡は無い。生かされた理由があるはずだ」

5年前、チャーリーが運転した車が事故に遭い、同乗していた弟サムは死んだが
チャーリーは奇跡的に生還した。しかしチャーリーは苦にして墓地の管理人になってしまう。
そんな彼を見た救命士が言ったセリフ。


〜ふみ子の海〜

「海って綺麗だね」

昭和の初め。新潟県上越地方の山村に生まれたふみ子。生まれてまもなく栄養不足のため失明する。
それを苦にした母親がふみ子を背負って入水自殺をはかるが、目の見えないふみ子のこの言葉で
自殺をあきらめる。

思い切り泣いた作品です。ティッシュ2個を使いました。^_^;




〜「ラスト・ソング」〜

「お前もいつか心を開き、ピアノの道に戻る
ママのためでなく、パパのためでもない、自分のために
なぜならば、音楽と愛は喜びをもたらす」

ガンに侵され、あと何日も生きられない父親が
音楽の道から外れ、好き勝手に生きている娘にいう言葉

家族っていいですね。(^_^)/




〜川の底からこんにちは〜

「ダメで何が悪いのよ!私だってダメな人間だよ。
だけどさあ、ダメだけどさあ、ダメでしょうがないからさあ
だから頑張らなけりゃ、いけないでしょうが!」

帰郷して父親の水産業の仕事を引き継いだ佐和子。
しかし一緒についてきた男は従業員の女と浮気、そして駆け落ち。
女に捨てられ父親の葬式の日に帰って来た男に言う言葉。

やまちんもダメな人間の部類に入ります。^_^;



〜半分の月がのぼる空〜

「私がいなくなって寂しくなったら読んで。
元気になるおまじないをかけといたから」

肝臓の病気で入院中の高校生の裕一。ある日、看護婦から「仲良くしてね」と言われ、
心臓病で入院中の里香という少女と出会う。
里香のわがままに付き合う内に裕一は里香に好意を抱くようになる。
その後、二人は大人になり結婚。そして子供をもうける。しかし里香の心臓は次第に弱くなり亡くなる事に。

ラストは泣けました。^_^;



〜手のひらの幸せ〜

「両方の手に幸せをもらうと、涙が拭けないね」

母親は亡くなり、父親も出稼ぎをして行方不明。育てていた祖母も亡くなった。
健一と龍二の二人は擁護施設で暮らしていたが、生家が恋しくなり施設を飛び出してしまう。
途中、迷子になり農家の夫婦から「幸せになる」柿とおにぎりを貰う。

幸せの量は片方の手だけで十分です。(^o^)/



〜さまよう刃〜

「警察が守ろうとしているのは法律ですか?」

一人娘を殺された父親を追おうとしている、自分たち警察に対して若い刑事が
ベテラン刑事に問う。

永遠の課題ですね。



〜アンダンテ〜稲の旋律〜

「卵を割らなければ、オムレツは出来ない」

両親の期待や対人恐怖から引きこもりになった千華。
アルバイト先へ行かず、なんとなく降りた田舎の駅の駅舎に書かれてあった言葉。

一歩踏み出さなければ、何も出来ないってことか。




〜真夏のオリオン〜

「人間は兵器じゃない。一つの命なのだ」
人間魚雷「回天」に乗り込もうとする兵士にいう潜水艦の艦長のセリフ。

「日本海軍は世界で最も誇り高く、戦うに値する敵だった。何故あんな兵器を、、、
何が彼らを狂わせたのか」
アメリカ海軍の駆逐艦の艦長のセリフだった。




〜西の魔女が死んだ〜

「サボテンは水に入る必要はないし、白クマがハワイより北極を選んだからって
誰が白クマを責めることが出来るのです」

自分の生き方に悩む孫娘に言った祖母の言葉です。やまちんも何かあれば使ってみよう。(^_^)/



〜サイドウェイズ〜

「最短距離だけがベストな道のりとは限らない」

大介の結婚式に出席するために渡米した道雄。道雄と大介は結婚式の前に
ドライブをする。行った先には道雄がかって家庭教師をしていたマユコがいた。

やまちん、寄り道をし過ぎています。^_^;




〜ぼくとママの黄色い自転車〜

「好きだから、逢いに行くんだよ」

嵐の夜、自分を心配して来てくれた息子を、怒鳴って返した男に
対して言った少年のセリフ。
少年も一人で横浜から小豆島へ、母親に会いに行く途中だった。



〜のんちゃん のり弁〜

「捨てたくないからって、全部抱えていたら
全部腐っちゃうんだよ!」

主人公の小巻があれやこれやと、色々大事にしていたのを見て
居酒屋の主人が言ったセリフ。
そうだよな、何か始める時は何かを捨てないと。



〜ディア・ドクター〜

「この先生なら、母をどんな風に死なせるのかなって」
母親を診察したドクターが偽者と分かり、警察から事情を聴かれた
医師である娘のセリフでした。
「人生の終わりに、本当に必要なものは何ですか?」と問いかける作品でした。



〜「私がクマにキレた理由(わけ)」〜

「楽に見える道こそ、地雷だらけよ」
大学の人類学部を卒業したアニー。しかし面接に落ちて「ナニー(子守)」になる。
ナニーをする家に行く日に、友達がアニーにいう言葉。

やまちん、身に沁みてます。^_^;



〜いつか眠りにつく前に〜

病床のアン。夢の中でステージで歌う。しかし歌い出しを間違えてしまいピアニストにやり直しを頼む。
アン「過ちを犯したわ」
ピアニスト「過ちは素晴らしい。人生を豊かにする」

やまちん、過ちばかりの人生。^_^;




〜天国はまだ遠く〜

「吉幾三ってどれくらいベスト盤を出すんでしょう?」

自殺をしようと降り立った駅。そこでタクシーに案内されたのは山奥の民宿「たむら」。
千鶴は睡眠薬で自殺しようとしたが失敗。そのうち「たむら」に居つくようになる。
ある時音楽が聴きたくなりCDを探したが、あったのはビートルズと吉幾三のベスト盤3枚だけ。
吉幾三の3枚のベスト盤を見て千鶴が言ったセリフ。

思わず笑ってしまいました。とにかく世間はベスト盤ばかり出ている。




〜ヘブンズドア〜

「人生が2回あるなら言う事をきく。でももう終わりなんだからきけない」

余命一週間のマサトと、余命一ヶ月のハルミ。病院を抜け出し海を目指していたがマサトが倒れた。
薬局を捜し薬をもらおうとしたが、薬局の主人から断られる。

やまちん、麻由子ちゃんだったら撃たれてもいい。^_^;




〜大阪ハムレット〜

「ひろき、ええか。わしらむしろ生かされとるんや
男でも女でも生きとったらどっちでもええわい」

「女の子になりたい」と言っている孫の男の子に言う祖母の言葉




〜最高のともだち〜

「約束してほしい、善い行いをするって、、、」

13歳間近のトミー、鎮静剤依存症の母親と暮らし、奨学金付きの学校へ通っている。
友達は配達の仕事や学校の用務員をしている「遅進者」のパパスだけ。
母親はある時、鎮静剤を飲みすぎて植物人間になってしまう。
絶望したトミーは生命維持装置は外し、一人逃げるようにパリへ行く。

「ともだち」パパスに見送られ、パリへ旅立つ時にパパスから言われた言葉。





〜禅〜

「春は花、夏ほととぎす、秋は月、冬雪さえて すずしかりけり」

三浦氏との戦いで心が傷ついた北条時頼に、鎌倉に招かれた道元が言った言葉。

当たり前の日常のありふれた言葉だが、、、。



〜レボリショナリー・ロード〜

「その子でなくて よかった」

ニューヨーク郊外に引っ越してきたフランクとエイプリル。子供4人と幸せに暮らしていたが
なんの変化の無い日常に疑問を持ったエイプリルはパリに移住しようと提案する。フランク
も最初は同意していたが、会社で抜擢され昇進し迷う。エイプリルも妊娠していた。
ある日、家を紹介してくれた不動産業者が息子のジョンをつれて訪れた。
そこで二人の心中を推し量ったように息子は語る。心の内を見透かされた
フランクは息子に言い返すが、逆にジョンに言い返される。

フランクとエイプリルの言い合いが、本編中に続いていたので飽きていた。でもジョンの言葉
にドッキリとしてしまった。



〜東南角部屋2階の女〜

「だけど理解出来なくても 知ろうとすること お互いに分かろうとすることは大事だよな」

アパートの大家、藤子の店の常連、石山が野上に言ったセリフ
心にしみる言葉でした。



〜この森で、天使はバスを降りた〜
「迷うほどの広大な自然はあっても
人混みに紛れることはない」

勤めているお店を売りに出すことをしったパーシー。
広告に使う言葉を探していた。



〜あの空をおぼえてる〜
「絵里奈へ、僕はあの時トラックを止める事は出来なかったけど
お前を天国の途中まで送っていく事が出来たんだ。だって僕は
お前のお兄ちゃんだから」

町へ買い物へ行く途中、トラックにはねられた英治と絵里奈の兄妹。
英治はなんとか生還したが、妹の絵里奈は亡くなった。
英治が生死をさまよっている時、夢の中で絵里奈を見送った。

涙腺がゆるくなってしまいました。^_^;



〜イン・トゥ・ザ・ワイルド〜
「君がいなくなると寂しいよ」、
「でも人生の楽しみは人間関係だけじゃない。神はあらゆる所に新たな楽しみを用意してる」

旅の途中で知り合った一人暮らしの老人との会話、印象に残りました。


〜おくりびと〜
「死は門だなあ、って。死ぬっていうことは、終わりということじゃなくて、それをくぐり抜けて次へ向かう。
まさに門です」

銭湯の女主人が亡くなり、銭湯へよく通っていた火葬場の係り員が、女主人の息子に言う言葉。



〜百万円と苦虫女〜
「自分探しの旅ですか?」
「いや、むしろ探したくないんです。探さなくったって嫌でもここに居ますから。
逃げているんです。」

ふとしたことで拘置所に入った鈴子。家に居づらくなり百万円貯めて家を出る決意をする。
そして百万円が貯まり家を出て、海辺の町や山奥の村そして近郊の町へ行く。そこで出会った
男性との会話。

自分探しの旅に出て、周囲の人から探されている人が多い。所詮自分から逃げているんだろう



〜最後の初恋〜
「今以上の自分に成長させる愛、無限の力を与えてくれる愛。
あなたならきっとめぐり逢えるわ。しっかり探して。
あなたはその価値がある。」

ポールが外国で不慮の死をとげ、その知らせに再び傷つき心を閉ざす。
そんな彼女に娘が慰めに来た時、、エイドリアンが娘に言った言葉。



〜ぐるりのこと〜
「みんなに嫌われてもいいジャン。好きな人にたくさん好きになってもらえたら
そっちの方がいいよ」

なんでもきちんとしないと気がすまない妻。仕事上、周りの人に気を使い過ぎてしまい
悩んでいる妻にだらしない夫がかけた言葉。
なかなか味のある作品でした。(^o^)丿


〜「歩いても歩いても」〜
「10年くらいで忘れてもらっては困るのよね」

10年前、海でおぼれた少年を助けようとして亡くなった長男の命日に、助けられた
男を毎年呼んでいる母親。明るく振舞っていたが、このセリフの時は鬼気迫るものを
感じました。


〜「アウェイ・フロム・ハー」〜
「逃げればいいのに。私を捨てて、立ち去ればいいのに。
見捨てたら?いいのよ、見捨てて」

検査の結果認知症と分かったフィーオーレ。夫のグラントは悩ん末にフィオーレを施設に入所させる。しかし
フィオーレはグラントを誰だか分からなくなり、入所中の男性に好意を抱くようになる。

ラストのフィオーレのセリフ。入所する前にフィオーレがグラントに言った言葉だった。



〜Little DJ〜
「ステラは残された命を恋にかけた。出来る、そんな事?」

白血病で闘病中の太郎は見舞いに来たたまきを誘って、無断で映画「ラストコンサート」を見に行く。
映画を見終わって、たまきは太郎に問いかける。しかし太郎は何も言えなかった。

やまちんがあの位の年齢で好きな女の子に、ああ言われたら何も言えないだろうな。^_^;



〜Little DJ〜
「声ってのはよ、いつまでも残るんだよ
今でも勝手に聞こえて来やがる」

男が昔好きだった女に告白出来ずに悔やんでしまったことを、
同室になった少女に「好きだ」と告白出来ずにいる少年に説教する。

男はなかなか告白できないもの。


〜転々〜
「そんな人は肛門のシワが一本足りないのよ!」

借金取りに追われる男と、「妻を殺した」と言っている取立て屋の男の2人が、井の頭公園の橋をスタートに
おかしな「東京散歩」をする。
道中不思議な人たちと出会う。途中、取立て屋の男が腹痛に襲われ、取立て屋が以前、偽装夫婦を演じた
女の所へ行くことにする。食事中、男達が道中逢った人達のことを話した時に女が言った言葉だが、、、。

まさかキョンキョンからこんな言葉が出るとは、、、。^_^;




〜めがね〜
「梅はその日の難逃れですよ」
南の島にバカンスに来たタエコ。泊った民宿での朝食時、梅を勧められる。

ことわざだか言い伝えだか忘れたが、やまちんも見た日から朝食べています。


〜プロヴァンスの贈りもの〜
「勝利から学ぶものは無い、だが敗北は知恵を生み出す」

マックスは夏の間、叔父ヘンリーが経営するブドウ農園で過ごしていた。テニスに負けて
ラケットを放り投げたり、くさっていたのを諭している言葉です。
教訓にいたします。



〜「夕凪の街、桜の国」〜


父親「なんで広島だったん。なんで原爆は広島に落ちたんや」、
叔母「それは違う。原爆は落ちたんじゃなく、落とされたんよ」
昭和33年、26歳で亡くなる叔母皆実と父親旭の会話。

そうだよな、原爆は「落ちた」ではなく「落とされたん」だよな。

「ひどいなあ、てっきり私は死なずに済んだ人かと思った。なあ嬉しい?13年も経ったけど、落とした人は見とるん。
原爆を落とした人は私を見て、『やった、また一人殺せた』ってちゃんと見てくれとる。」

見ていて涙が出てしまいました。劇場でなくて良かった。


〜「サッド・ヴァケーション」〜
「この世に偶然なんてないんだよ。会うべき人には必ず会う。
そんなもんだよ」

あることがきっかけで、昔自分を捨てた母親がいる運送会社に勤めることになったケンジ。
医師資格を剥奪されそこに勤める男がケンジにいうセリフ。

絆は切って切れないもの、ということか。


〜「それでも僕はやってない」〜
「裁判所は真実を明らかにするところではない。
裁判所は被告人が有罪であるか、無罪であるかを集められた証拠品でとりあえず判断する所である。」

真実が真実と判断してもらえない時もある、ということか。


〜「旅の贈りもの」〜

「今は大人も子供も忙しいの」
「忙しいって言い訳して何か大切なものから逃げている気がするけどな」

「ここではこんなもの無理して履く必要は無い。のんびり歩いてごらん。靴ずれのこと
だけじゃない、のんびり歩くと失くしたものが見えてくるって」

旅に出た女がハイヒールを履いていたために靴ずれを起こした。それを治療していた
医者が言うセリフ。この男も3年前、旅に出て此処に住みついてしまっていた


「あなたになら言える秘密のこと」

「もし2人で何処かへ行ったとするわ。そしたらある日突然私は泣き出して
誰にも止められなくなる。部屋は涙の海よ。私は息も出来ず。あなたを水中
に引き入れ二人で溺死よ」。
「泳ぎを練習する」

海底油田基地で火傷を負った男を看護することになるハンナ。ある日男は秘密にしておいた事を
ハンナに告白する。「俺は泳ぎが出来ないんだ。海底油田基地に勤めながら、、、」
傷が癒え、別れたハンナを探し出して一緒に住もうと言い出した男に対してハンナが言うセリフ。



「プリティ・ヘレン」〜

「再放送は失業者の文化よ」
姉夫婦が亡くなった為、遺言により3人の子供を引き取ることになったヘレン。
そのため会社をクビになる。失業したため、しばらく家にいてテレビを見ている、
その時に子供達から皮肉を言われて返した言葉です。身につまされます。^_^;

ちなみに左端の女の子は「サイン」に、右端の男の子はブルース・ウィルス主演「キッド」に出ていました。




〜ドラマ・白夜行〜

「殺ったのは、私だよ」

男の子が自分の父親をハサミで刺し殺す。そのハサミを女の子が自分の手に取り言うセリフ。その男の子をかばうため今度は自分の母親をガス心中に見せかけ殺してしまう。


「ドブのような毎日に花を咲かせてくれた亮くんだから、笑うことを教えてくれた亮くんだから・・・ありがとう、亮くんは私の太陽だったよ。」

駅のホームでハサミを見つめながら言うせりふ。泣いてしまった。

いくらフィクションとは言えその女の子が可哀想で、可哀想で泣いてしまった。

今迄、子役のセリフの一番は「誘拐報道」での高橋かおりさんの「うち、お父ちゃん好きや」。二番目は「家なき子」での安達裕美さんの「同情するなら金をくれ」だったが、福田麻由子さんのこのセリフが一番になってしまった。
この子と共演する俳優さんは可哀想である。この子が演技するだけで他の俳優さんの存在は吹き飛んでしまう。


〜明日の記憶〜

「生きてりゃいいんだよ、生きてりゃ」
アルツハイマーの症状が悪化する男。結婚前に妻と行った陶芸教室の場所を訪れる。そこで当時の師匠と出会い酒盛りが始まる。その時師匠が男に言った言葉。

人間、誰しも綺麗に老いたいと思っている。人に迷惑をかけず美しく死にたいと。でもそれが自分の思うように行かないと知った時、やまちんはどう行動するのかな。ちょっと不安です。
映画の中では妻役の樋口可南子さんが「私がずっとそばにいますから」というセリフがあった。やまちんにはそう言ってくれる人がいない。残念。


〜愛についてのキンゼイ・レポート〜

「愛は測定出来ないからだよ。つまり科学的に分析出来ない。我々は愛については無知だからね。」

博士と助手との会話。やまちん、恋も愛も無知です。^_^;

〜子ぎつねヘレン〜

「あの子に教えてもらったよ
どんな命も、自分の時間を
精一杯生きているって事を」

06年3月18日公開の由紀江さんが音楽を担当する映画です。映像と音楽が凄くマッチしている作品です。是非、見ていただきたい。


〜フィールド・オブ・ドリームス〜

「夢が叶うまで 後これだけ だが夢は肩をかすめ 歩み去った

人生の節目となる瞬間は 自分ではそれとわからない

後があるさ、と思ったが、それが最初で最後だった」

主人公レイが18年前亡くなった野球選手(アーチー・グラハム)を訪ねた際、レイに答えた彼のセリフ。今、この年齢になってようやく分かるようになった。


〜公共広告機構のCM〜

「命は大切だ 命を大切に
そんなこと 何千何万 言われるより
あなたが大切だ
そう言ってくれたら それだけで生きてゆける」

超ドアップのちーちゃんが語りかける。ちょっと幸せな気分


〜天国の青い蝶〜

「僕が他人に言うことはいつも間違ったことばかりだ

でもこれだけは確かだ。医者がなんて言ったかしらないが、君は生きられる」


脳腫瘍であと半年の命と言われた少年に
一緒に「ブルー・モルファ」を採りに連れてってほしいと言われた昆虫学者
なかなか蝶を採れず、明日にはジャングルを去らなければならない中
二人だけで蝶を採りにいく


〜ラストコンサート〜

「すべてを捧げた。でも束の間 あまりにも短すぎる」

「いや永遠だ。君は心の中に生きている この手の中にも
血の中にも 永遠に流れる」

「あなたは最高よ 私には
あなたは世界一 素晴らしい音楽家」

「この強さは 君のおかげだ
この誇りは 君のその人生のためだ」

コンサートのさなか、演奏中のピアニストと舞台の袖で死期を迎える少女との心の会話。
やまちん、泣いてしまいました。


〜映画・ウォルター少年と夏の休日〜

「人には真実かどうか別として 信じるべきことがある
人は生来、善なるものだ
自らの誉れ 勇気 高潔さこそ全て。権力と金は全く関係ない

善は必ず悪に勝つ、そして愛は、、、。真実の愛は永遠に滅びない」

だらしない母親に、二人の大叔父に預けられた少年と大叔父との会話。


〜映画・踊る大走査線2〜

「生きようとする奴は、死なねえよ」

同僚を銃撃され心配する青島刑事に言う、和久指導員の言葉。

そういうお前は死んじまったじゃないかい。


〜映画・半落ち〜

「あなたは誰のために、生きているのですか」

子供をなくしアルツハイマーになった妻を殺した元刑事。売名行為のため弁護士になった男に問う。

残念ながら、今のやまちんには答えが無い。


〜映画・名もなきアフリカの地で〜

「誰もが同じだと思うのは愚かなことよ。違いにこそ価値があると、この地で学んだわ

違いはすばらしいことよ賢い人は違いを尊重するわ」

敬謙なユダヤ教徒である姉と、自分。そしてドイツとケニアの人々を比較して
母親が娘に諭している会話。


〜壬生義士伝〜

「兄さん、いかねえでくなんせい、いかねえでくなんせい」

主人公の息子が五稜郭の戦いに行く際、幼馴染に妹を託すシーンでの妹のセリフ。

泣いてしまいました〜。(T_T)


〜映画・阿弥陀堂だより〜

「90過ぎたら、年は人が言ってくれる年が、自分の年だと思うことにしちょります。」

北林谷栄さんのセリフです。一度、人に聞かれたらそう答えてみよう。


〜映画・王様の漢方〜

「真の健康とは病気と上手に折り合って生きることです。」

今のやまちんに必用な言葉でしゅ。


〜映画・太陽の雫〜

「それでも人生は美しい。毎日、目覚めるのが喜びだった
人生の美しさを写真に撮りたくても、スリ抜けてしまう」

そんな感じがする今日このごろです。


〜映画・「アトランティスの心」〜

「子供の頃、一日は永遠に続くと思ってた。でも今は、一瞬に終わってしまう。」

40を過ぎた今、身にしみて感じています。



〜映画・ビューティフル・マインド〜

「愛の方程式の中に、「理」がある。」

なんだか分からないが、ドサクサに紛れて使ってみよう。


〜映画・「小説家を見つけたら」〜

「自分のために書く文章は、人に見せるための文章に優る」

むむ、いい事を聞いた。普通は逆なのだが、、、。


〜映画・「コンタクト」〜

「この広い宇宙に、地球人だけだとスペースがもったいない」

エリーと父親、そして恋人との会話。夢があってロマンいっぱいのセリフ。


〜映画・「雨あがる」〜

「あなたは今のままでいいのです。」

ラスト、主人公の妻役・宮崎美子のセリフ。ああ、言われてみたい。


〜映画・ストレイト・ストーリー〜

「年を取っていいことは」
「たくさん経験を積むことが出来る」
「じゃ、悪いことは」
「最悪なのは、若いころを覚えていることだよ」

主人公が倒れた兄の元へトラクターで行く途中、出会った青年との会話。
40を過ぎた今、考えさせられる言葉です。


〜民芸・おはななん〜

「どんな事があっても、人間世界のこと。どうにかなろう。」

おはなはんの夫、早瀬中佐のせりふ。自分の都合のいい時、使ってます。


〜自由劇場・上海バンスキング〜

「あなたも揚子江、沈むあるよ。」

ダンスホールの常連でギャングのせりふ。仲間内でのギャグに使っていました。


〜俳優座。黄金色の黄昏〜
「悪いことには、いいこともついてくるのよ。」

家宅捜査に入られた、家のおばあさん役のせりふ。いい言葉だ。


〜NLT・幸せの背比べ〜

「あなたもこの人のように、必要とされないほど長く生きてしまったら。」

家政婦役の人のせりふ。ドキンとするような響きです。


〜NLT・世の中みんなテスト病〜

「私だって人間なんです。」

会社の人事考査役のセリフ。機械のような人だと言われ、耐えかねて言ったせりふ。


〜えるむ・みすず凛々〜

ラストでみすずが子供を一階に寝かせつけ、自分は命を絶つために二階へあがるシーン。

涙が溢れてきた。幼い子を残し、仕方なく自らの命を絶たなければならなかったみすずを思うと、、、。


〜民芸・第二次大戦のシュベイク〜

滝沢秀治さんの欠陥が切れるのではないかと思うほどの熱演。頭が下がる。
また犬がステージの上手から下手へ歩くシーン。よく調教したものだ。


〜前進座・芝浜の革財布〜

主人公の妻役がふと立ち止まって、振り返るシーン。

女形の国太郎さんの動作にシビレル。なんでこんな動作ができるのだろう。

  好きな映画音楽

ラスト・コンサート
テーマ曲の二人のハミング、そして「ステラに捧ぐ」は名曲です。冒頭のシーンでは世界遺産のモンサンミッシェル大聖堂が登場。一度行ってみたいですね。テーマソングを口笛で吹きながら、、、。

ふたりでスローダンスを
一度由紀江さんのピアノで聴いて見たい
ラスト・コンサートと共に由紀江さんのコンサートでリクエストしましたが却下されました。マニア過ぎたかなあ。いい曲なのにね。残念。

マイ・ソング
デビー・ブーンが歌う「ユー・ライト・アップ・マイ・ライフ」は10週連続1位の快挙を達成しました。
当時女性では初の記録でした。それを破ったのはオリビア・ニュートン・ジョンの「フィジカル」。


テス
よくミニキーボードで弾いていました。

砂の器
「宿命」は名曲中の名曲です。

ファール・プレイ
バリー・マニロウの「愛し合う二人」はいい。当時のゴールディ・ホーンは可愛かった。

ラッシー
デビー・ブーンの「愛の日々」は名曲。

爆走トラック76’
カントリー調のテーマが心地いい。


アイス・キャッスル
ピアノの演奏がいいですね。主人公がリンクで演技したのを思い出します。


天国から来たチャンピオン
クラリネットの音色が悲しく響きました。


チャンプ
ラストは大泣き。その後テレビで放送されましたが冒頭、テーマ曲が流れた瞬間もう涙が、、、。



HOMENEW!やまちんはこんな人由紀江さん大好きあさみちゆきさんについて
NEW!やまちんの一人旅の宿らくがき帳プログ・やまちんのキレそでキレない365日